『少年のアビス』ネタバレはこちら!

ゴールデンカムイ【第277話】ネタバレ&感想・考察!

\いますぐ無料で最新話が読める/

『ゴールデンカムイ』【第277話】の最新話(週刊ヤングジャンプ 2021年23号[2021年5月6日発売]掲載分)のネタバレ&感想・考察の記事です。

前回 今回 次回
第276話 第277話(最新話) 第278話

ゴールデンカムイ【第277話】のネタバレ&あらすじ!

陸軍第一師団司令部にて。

鶴見は陸軍第一師団長である奥田中将から呼び出されていました。

呼び出しの要件は、アイヌの金塊を発見してもらいたいということ。

金塊の捜索状況は逐一報告してもらいたいということでした。

直属の情感を飛び越えて奥田への報告することに鶴見は躊躇します。

ですが、奥田が自ら後ろ盾になるからということで話を押し通します。

それに奥田には花沢中将には「貸し」があるとのこと。

鶴見はどのような「貸し」なのか質問します。

花沢家の醜聞もみ消しに関してのことだと奥田は説明します。

もともと陸軍では薩摩藩派と長州藩派の派閥争いがありました。

薩摩出身の花沢としては醜聞は望ましくありません。

そこで小倉藩出身である奥田に助けを求めてきたというのが「貸し」の内容のようです。

鶴見は少し考えます。

もう少しくわしく「貸し」の内容について聞かせてもらいたいと鶴見が口にします。

話を聞き終わって、鶴見は部下である月島・尾形・宇佐美と合流します。

奥田の話は言ってみれば長州と薩摩の派閥争い。

小倉藩出身であることをアピールしていましたが奥田は長州川の人間なのだろうと鶴見は読みます。

奥田はいってみれば薩摩藩側である花沢方に金塊が渡ってしまうのを懸念しているわけです。

くだらん、と鶴見は言ってのけます。

しかし事前にロシアで得た金塊の情報の裏がとれたので全く得るところが無かったというわけでもありませんでした。

北海道へ金塊を探しに発つ前に、花澤中将の息子および菊田にあっておく必要があると鶴見は考えます。

 

そのころ、菊田と杉元はというと。

花沢勇作の見合い相手から帝国ホテルでの約束が舞い込んできていたのでした。

杉元は花沢勇作の影武者としてこの見合いに臨んでいます。

替え玉だとバレたらどうするのかと杉元が菊田に尋ねます。

第二の作戦も用意してあると菊田が答えます。

詳しい内容は知る必要はないとのこと。

 

一方、本物の花沢勇作は士官学校にいました。

事務員が手違いから帝国ホテルの件を勇作に伝えてしまいます。

なんのことかわからず戸惑う勇作。

口を滑らせた事務員は観念して事のあらましを話してしまいます。

勇作は、詳しく話をきくために本人を訪ねてみるとのことで学校を去ります。

入れ違いに、鶴見一行が士官学校を訪れます。

勇作が学校にいないことを耳にすると、その行方を事務員に尋ねます。

 

時が移って帝国ホテル。

勇作に扮した杉元が令嬢と見合いを行っています。

すると給仕のものがビーフシチューをこぼしてしまいました。

シチューによって杉元の着ていた制服が汚れてしまいます。

着替えを用意しているからこちらへと令嬢がホテルの別部屋へ誘います。

そばの木の上から双眼鏡でのぞいていた菊田も異変を察知します。

令嬢は、部屋を取っているからと言ってぐいぐい杉元をひっぱっていきます。

と、鶴見に同行していた月島が陸士の候補生らしき出で立ちの者が女性と階段を昇って行ったことを鶴見に報告します。

勇作殿ではありませんか?と。

令嬢は奥に湯を張ってありますのでといって杉元に風呂へいれたがります。

妙だなと感じながらも、制服は菊田から借りたもの。

よごれたままではいけないからと全裸になります。

するとタイミングよく令嬢が風呂場の扉を開きます。

顔は恍惚としています。

体をねらわれていることを悟った杉元は扉を押し返し、なんとか中へと令嬢を入らせないようにふんばります。

令嬢は今回の花沢家の醜聞について知っているようでした。

勇作の童貞を奪って、旗手に相応しくない者とすること。

杉元がドアを開いて体を許さなければ、このことを陸軍にばらすと脅してきます。

鶴見が部屋のそばまで踏み込んできていました。

令嬢おつきの女中が外で見張っています。

鶴見は女中に、陸士の若い候補生と女性を見なかったかと尋ねます。

女中はシラをきりますが、部屋の中から杉元と令嬢が騒ぐ声が聞こえます。

菊田という男はなにをやっているのだと鶴見はいぶかります。

宇佐美が、弟と会うのは初めてかと尾形をからかいます。

尾形の眼は何も語りません。

そのころ、杉元は窓から菊田へ作戦が失敗したことを伝える合図を出していました。

菊田が杉元の合図に気づいたタイミングで、鶴見が部屋に踏み込みます。

ドアを蹴破、勇作殿の童貞は我々が守ると入ってきた鶴見に令嬢は驚きます。

出ていかなければ、花沢家の醜聞を陸軍にバラすと令嬢がつよがりますが、それが本気ならこの引き鉄を引かねばならないと鶴見は銃口を令嬢へ向けます。

風呂場で鶴見の話に聞き耳を立てていた杉元は、菊田の言った第二の作戦というのが令嬢を殺害して口封じしてしまうことだったのだと思い込みます。

尾形が勇作がどこにいるのか尋ねます。

杉元が全裸のまま風呂場のドアを蹴飛ばします。

令嬢と鶴見の間に入ろうとする杉元を、うすら笑いを浮かべながら尾形が眺めているのでした。

ゴールデンカムイ ネタバレ 278話ゴールデンカムイ【第278話】ネタバレ&感想・考察!

ゴールデンカムイの最新話を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT ヤングジャンプ 5/6号

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ週刊ヤングジャンプの最新号を無料で読むことができますよ♪

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

\いますぐ無料で最新話が読める/
[/box]

ゴールデンカムイ【第277話】の感想&考察!

花沢勇作の童貞を守るためにこんなひと騒動があったんですね。

というか杉元は、こんなに前から鶴見中尉達とかかわりがあったようです。

とくに尾形との因縁が深い印象です。

アシリパと杉元が出会ってはじめて遭遇した第七師団がこの尾形でした。

つづけてアシリパが尾形の眼を毒矢で射ってしまってからは、アシリパをめぐって杉元と尾形の因縁が深くなります。

そして今回、勇作の身代わりとして杉元が振舞っていたということでますます関係が強かったんだと知らされましたね。

尾形は杉元のことを勇作だと勘違いしています。

ラストで全裸であらわれた杉元を見て尾形は不気味な笑みをこぼしていましたが、この笑みの真意は一体どういうものなのでしょう。

来週が気になりますね。

まとめ

『ゴールデンカムイ』第277話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

次回の『ゴールデンカムイ』第278話は、週刊ヤングジャンプ24号(5月13日発売)に掲載する予定です。

ノーリスクで読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。