『少年のアビス』ネタバレはこちら!

ゴールデンカムイ【第279話】ネタバレ&感想・考察!

ゴールデンカムイ ネタバレ 279話

『ゴールデンカムイ』【第279話】の最新話(週刊ヤングジャンプ 2021年25号[2021年5月20日発売]掲載分)のネタバレ&感想・考察の記事です。

\いますぐ無料で最新話が読める/
前回 今回 次回
第278話 第279話(最新話) 第280話

ゴールデンカムイ【第279話】のネタバレ&あらすじ!

菊田から軍帽を返してくれといわれた杉元。

この軍帽は弟さんのものだったことを花沢勇作から聞いたと返事をします。

「地獄行の特等席」だなんて弟さんのことでご自分を責めてらっしゃるのですか?と杉元は尋ねます。

菊田の家は貧乏でした。

メシだけは食えるからと言って軍隊に弟を誘ったのは自分なんだと菊田が語ります。

日清戦争は戦死よりも病死がおおかったのでした。

自分が誘わなければ弟は苦しまずに死ねた。

自分が死なせたようなものだと菊田はこぼします。

陸軍に入ろうと思ったのは菊田がきっかけだけど結局は自分で決めることだと言って杉元が軍帽をかぶります。

もう自分を許して前に進んだらどうかと話す様子が、菊田には弟のように見えるのでした。

それに自分は滅多に死にません。不死身ですからと話す杉元を前に、菊田は大きなため息をつきます。

その帽子はお前にやると言って、菊田はその場を去ろうとします。

菊田の背中に向かって、令嬢のことを勇作に伝えてくださいと杉元が呼びかけます。

菊田は振り返って、勇作のことは陸軍全体のことになってしまっているからもう忘れろと返事をします。

陸軍でまた会ったら最初から仲良くなろうぜと言い残して、菊田は人ごみの中へ消えていきました。

 

その後。

菊田は、陸軍第一師団長である奥田中将に呼び出されていました。

勇作の童貞を守る作戦を菊田にいいわたした人物です。

奥田は菊田に第七師団への転属をいいわたします。

鶴見中尉に取り入ってその様子を我々に伝えろと言うのです。

部屋には尾形もいました。

菊田と同じく尾形も奥田から第七師団に潜入するよう言い渡されていたのです。

 

1904年二〇三高地。

死体がころがる中、杉元が立ち尽くしています。

陸軍の兵たちが勇作の亡骸を囲んで、涙を流しているのです。

杉元はその様子を眺めていました。

すると、バチッと目があいました。勇作の亡骸と。

杉元は目を覚まします。

夢を見ていたようです。

杉元は列車に揺られていて、アシリパが広げた刺青人皮の謎を解こうとしています。

いくつか分かったことがありました。

「ホロケウオシコニ」の音をあらわす漢字は一枚につき4文字以上はいっている。

皮を重ねると文字と文字の間隔がぴったりと重なるものもある。

土方は暗号に「漢字」を使ったことに意味があると口にします。

和人と協力して解けというウイルクからのメッセージだというのです。

白石がまぜっかえします。

暗号解読のために和人を利用してやれと言うメッセージかもしれないぜ?というのです。

 

一方、菊田。

あのノラ坊が日露戦争の英雄か…と感慨深そうな様子。

 

杉元は今度菊田と出会うことがあれば戦わなければならないと覚悟を決めているのでした。

アシリパがボウタロウのもっていた金貨を取り出します。

金貨と刺青には共通点がありました。

ほかの線に重なることなく引かれた直線が見受けられるのです。

何か意味があるのかもしれないとアシリパは言います。

 

一方、鶴見。

広げた刺青人皮を前に「解けた」と呟きます。

そばにいた鯉登たちがざわつきます。

これで金塊争奪戦がおわるのですねと口にする面々。

鶴見は「いやいや、本番はこれからだ」と声をかけながら、菊田を銃撃するのでした。

 

ゴールデンカムイの最新話を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT ヤングジャンプ 0520

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ週刊ヤングジャンプの最新号を無料で読むことができますよ♪

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

\いますぐ無料で最新話が読める/

ゴールデンカムイ【第279話】の感想&考察!

鶴見が菊田を撃ってしまいました。

中央からのスパイであることを見抜いたうえでこれまで泳がせていたわけですね。

第七師団は物量で中央に劣ります。

金塊の情報が筒抜けてしまえば、中央に金塊を奪われてしまう可能性を考慮して撃ったんじゃないかと思います。

ところで、菊田は鶴見の動きについてどの程度の情報を中央に流していたのでしょうね。

鶴見が金塊を探していることは中央に伝わっていたのかな。

まあおそらく伝わっているでしょうね。

とすると、菊田からの方向が途絶えた中央は何かしらの動きを取りそうな気もするんですよね。

あともう一点、尾形についてです。

尾形も読めない行動を取っていますよね。

中央は尾形をスパイとして送り出していましたが、尾形は鶴見に敵対して土方と行動を共にしています。

中央のスパイとしての動きだとすると妙な動き方に思えるのですが……。

今後の展開を見守りましょう。

まとめ

『ゴールデンカムイ』第279話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

次回の『ゴールデンカムイ』第280話は、(週刊ヤングジャンプ 2021年26号[2021年5月27日発売]掲載分)に掲載する予定です。

ノーリスクで読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。