『少年のアビス』ネタバレはこちら!

【ネタバレ&感想】いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 3話

ネタバレ 感想

『いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか?』のネタバレ記事です!

前回:いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 2話のネタバレ>>

全話ネタバレまとめ:いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか?ネタバレまとめ>>

マンガ好きには
まんが王国がオススメ!

いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 3話のネタバレ

体育。

詩織は由美のことが気になります。

なぜ気づかないふりなんてしたんだろう。

気になりますが、今はバスケを楽しもうと、詩織は気持ちを切り替えます。

詩織がゴールを決めます。

同じチームになった由美とハイタッチをしようと詩織が近づくと「さっき相沢先生となに話してたの?」と質問されます。

どうしてそんなことが気になるんだろう?

詩織が疑問に思っていると、由美は「なんでもない、バスケ楽しもう」とごまかします。

浮ついた気持ちでバスケに戻る詩織。

集中力を欠いていたせいか、相手チームの選手とぶつかってしまいます。

倒れた拍子に頭を打ち、そのまま保健室へ。

意識ははっきりしているので問題ありませんでしたが、念のために安静にということでベッドで過ごすことになります。

詩織のバッグはクラスメイトが準備して持ってきてくれるということに。

悩み事がおおくて疲れてしまった詩織は少し眠ることにします。

すると、仕切りのカーテンが開かれます。

相沢です。

眠っている詩織のそばに立ち、その寝顔を見下ろしています。

 

職員室前。

由美が待っています。

そこへ相沢が戻ってきます。

由美は相沢に声をかけ、詩織は大丈夫か?と質問します。

体調に問題はないこと、大事を取って母親が迎えに来たことを由美に伝える相沢。

「それより意外だな、心配してるのか?」

由美は一瞬、なにを言われたのかわからないという表情をみせます。

友だちなんだから心配するのは当たり前じゃないですか、と抗議して由美はその場を去ります。

相沢が職員室へ入ります。

詩織の携帯電話が忘れ物になっていると、職員たちが話していました。

プリントをとどけるついでに自分がもっていきますよ、と相沢は申し出ます。

 

鈴木家。

詩織の母が相沢を出迎えます。

忘れ物になっていた形態を手渡すと、正直なところ携帯電話を持たせることには賛成ではないと、詩織の母はぼやきます。

学業に成績が出そうだから。

でも他の子がもたせてるのにうちの子だけ持たせないわけにもいきませんよね、と。

とりとめもない話を聞かされながら、相沢はリビングに飾ってあった家族写真に目をやります。

家族写真。

鈴木が写っています。

学生時代、相沢をイジメていた男。

固定電話が鳴ります。

詩織の母は、受話器を取るため席を外します。

相沢は家族写真を手に取って「ズルいな」と口にします。

その写真には、幼い詩織と鈴木が仲よさそうに写っていました。

そこに、ひょこっと詩織が顔を出します。

早退しましたが元気そうです。

写真がどうかしたの?と詩織が聞きます。

良い家族写真だなと思ってと相沢が答えます。

「お父さんは好きか?」

相沢が聞くと、詩織はにっこり笑って「大好き」と答えます。

写真ひとつひとつの思い出話を語る詩織に「へー」と相槌をうつ相沢。

詩織が、自分の携帯電話に目を留めます。

メールが七件。

みんな、心配してくれてる!とうれしそうです。

電話を終えて母が戻ってきます。

もうすぐ鈴木が帰ってくるとのこと。

詩織が、パパに会っていってよと相沢に言います。

ニコッと笑って見せる相沢。

 

息を切らして慌てた様子で鈴木が帰宅します。

詩織大丈夫か!ととても心配そうな様子。

もう大丈夫だよ、あ!そうだ。と詩織。

さっきまで先生が家に来てたんだよ。と口にします。

「そうか。それより詩織が無事でよかった」

 

詩織が自分の部屋で携帯電話をいじっています。

由美からのメール。

怪我大丈夫?と心配してくれる文面ですが、詩織は浮かない顔です。

と、そこへダイレクトメッセージが。

知らない人からです。

動画が添付されています。

ひらいていみると、詩織が映っています。

保健室で眠っている詩織です。

荒い鼻息が聞こえます。

何者かの手が映りこみます。

その手は詩織に向けられていて、どんどん近づいていきます。

体操着をまさぐって、胸をつかもうとするその手。

詩織は思わず携帯電話を放り投げてしまいます。

誰の仕業?

 

翌朝。

相沢は職員室で、詩織の母からの電話を受けます。

今朝も体調が悪いから、ということで欠席の申し出でした。

 

教室にて。

朝礼が終わると、由美に声をかけるクラスメイトが。

きのう、詩織にぶつかってしまった子です。

メールしても返事がないこと。

既読はつくんだけどね、と話していると別の子も話に参加します。

既読付けたら返信なんて常識でしょ?体調悪くてもスタンプくらい返せるっしょ。とのこと。

その子は話を続けます。

でも由美もほっとしたんじゃないの?と。

詩織はいつも由美にベッタリで、昼休みまで勉強に付きあわされたりしてるじゃん、と。

そこへまた別の子が同調します。

たしかに由美もうんざりしたような顔してるよね、と。

由美は「そんなこと…」と口を開きますが、「少しはあるかな」とその場に合わせてしまいます。

相沢はそんな由美たちの様子を眺めていました。

7件の心配のメール…なんて友達思いなんだ…。

相沢はそう考えます。

こっそり読みたい漫画だって……
STEP.1
まんが王国へアクセス
 
STEP.2
TL・BL・オトナ好きなのをタップ
 
STEP.3
気になる作品を選ぶ
 
STEP.4
無料試し読みをタップ
 
STEP.5
作品を読む
 

いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 3話の感想

詩織にたいしての風向きがどんどん悪くなっています。

相沢や由美が本心では何を思っているのか、いまひとつ悟らせないような表情の描き方をしていて、いまのところだれが詩織を陥れようとしているのかがはっきりしない状況。

確実なのは、詩織が本当に良い子だということのみ。

それにしても鈴木ですが、むかし相沢にあんなに酷いことをしておいて一丁前に父親ヅラするんかいっていうね。

エリート銀行マンかなにか知りませんが、滑稽です。

次回:いじめるアイツが悪いのか、いじめられた僕が悪いのか? 4話のネタバレ>>