『少年のアビス』ネタバレはこちら!

呪術廻戦【第134話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦 ネタバレ 134話

\いますぐ無料で最新話が読める/

『呪術廻戦』【第134話】のネタバレ&感想・考察の記事です。

前回 今回 次回
第133話 第134話(最新話) 第135話

『呪術廻戦』を無料で読む方法についてお探しの方はつぎの記事をどうぞ!
全巻無料で読む方法を解説していますよ♪

呪術廻戦【第134話】のネタバレ&あらすじ!

夏油は虎杖を前に、術式開示を行っています。

”術式”には「極の番」というものがあると夏油は語ります。

”領域”とは違っていて、奥義のようなもの。

夏油の術式である呪霊操術の極の番は「うずまき」といってとりこんだ呪霊を超高濃度の塊にかえて相手へぶつけるというものです。

「うずまき」は強力だけれど、呪霊操術の強みである手数の多さを捨てることになります。

なのではじめは「うずまき」について興味をそそられなかったとのこと。

しかし夏油は考えをあらためたと言います。

虎杖は夏油の話を聞きながら、何かを待っている様子です。

夏油が話を続けます。

その真価は「うずまき」によってつくった塊を飲みこむときに発揮されます。

術式を抽出できるのです。

「うずまき」によって塊に変えた真人を夏油が飲みこみます。

虎杖が待っていたのは京都校2年たちでした。

ほうきに乗った西宮が夏油の上空で旋回します。

それを合図に加茂が夏油を矢で射ります。

別角度から真衣がライフルで狙撃。

矢やライフルでの狙撃をしのぐ夏油ですが、その隙に三輪が夏油に接近していました。

抜刀を放ちますが、これも夏油に止められてしまいます。

夏油はとらえた三輪に至近距離から「うずまき」で攻撃をはかります。

虎杖や西宮が三輪を救おうと急ぎますが間に合いそうもありません。

衝撃が走り、地面が陥没します。

日下部と歌姫が現れ、夏油との間に入ったおかげで三輪は助かりました。

パンダや京都校の2年たち、日下部と歌姫。

じりじりと夏油を包囲します。

張相もあらわれました。

しかし様子が妙です。

動揺した表情で夏油に近づきます。

張相の鼓動が早まります。

夏油を一目見るなり、張相にはその正体が分かったようでした。

張相は、自分には親が3人いると考えているのでした。

母、母を孕ませた呪霊、母と呪霊の間に血を混ぜた男。

その憎むべきものの顔が張相にはありありと思いうかびます。

張相は加茂のことを加茂憲倫と呼びました。

加茂憲倫とは加茂家最大の汚点。史上最悪の呪術師です。

加茂も数ある名前のうちの一つに過ぎないと、夏油の姿をした者は言います。

張相は虎杖を殺させようとした夏油に怒り狂っています。

そんな張相と夏油のあいだに、どこからともなく現れた裏梅が割って入るのでした。

呪術廻戦 ネタバレ 135話呪術廻戦【第135話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦の最新話を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT 呪術廻戦 15巻

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ週刊少年ジャンプの最新号を無料で読むことができますよ♪

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

呪術廻戦【第14話】の感想&考察!

術式には領域展開とはまた別に、極の番というものが存在することが明らかになりました。

夏油の中にいる何者かは、呪霊操術の極の番にあたる「うずまき」をつかって呪霊の術式をどんどんととりこんでいっているようです。

他者の技を自分のものにするという意味で、ハンターハンターでいうところのクロロのようです。

真人には他人に触れて魂の形を変えることで相手を攻撃したり、また自分の身にまとうことでパワーアップしたりする能力を持っていましたが、これを夏油が操れるとしたら相当な脅威ですよね。

ラストで張相があらわれました。

以前に、呪胎九相図について解説されていたシーンで、加茂憲倫について触れられていましたがその伏線がここで回収された形になります。

裏梅が間に割って入ったものの、張相と夏油、どのようなバトルをみせてくれるのでしょうか。

まとめ

『呪術廻戦』第134話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

無料で読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。