『少年のアビス』ネタバレはこちら!

呪術廻戦【第135話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦 ネタバレ 135話

\いますぐ無料で最新話が読める/

『呪術廻戦』【第135話】の最新話のネタバレ&感想・考察の記事です。

前回 今回 次回
第134話 第135話(最新話) 第136話

『呪術廻戦』を無料で読む方法についてお探しの方はつぎの記事をどうぞ!
全巻無料で読む方法を解説していますよ♪

呪術廻戦【第135話】のネタバレ&あらすじ!

術式の影響で自分の兄弟に何があったのか張相はどこにいてもわかるのでした。

「死」とは生物にとって最も大きな異変です。

虎杖にトドメをさそうとした刹那、張相は虎杖を襲いつつある「死」を感じ取ってしまっていたのです。

虎杖に近づく「死」を感じ取れたことから、張相は虎杖のことを弟だと強く信じるようになりました。

それならば全力で兄としてふるまうつもりだと張相は覚悟を決めます。

血で狙撃するため構えを取ります。

張相の両の手から放たれた穿血は裏梅を襲います。

裏梅はこれを両手でガード。

しかし圧力に押されて吹き飛んでしまいます。

裏梅を吹き飛ばしてなお穿血の威力はとどまりません。

張相は穿血の軌道を変えて、夏油をねらいます。

かわされたものの一瞬にして間合いを詰めた張相は夏油に打撃を浴びせかけます。

とはいえ夏油には余裕がうかがえます。

無理するな疲れているだろうと嘲る夏油に、それが弟の前で命を張らない理由になるか?と応える張相。

異様に虎杖を想うような発言をする張相に、パンダは戸惑いつつあれ他人だよなと虎杖に尋ねます。

他人どころか一回殺されかけたと虎杖。

張相がとびかかったおかげで夏油に隙が見えます。

京都校2年の加茂とパンダ、虎杖で夏油のもつ獄門彊の回収をねらいます。

動き出す虎杖たち。

しかし裏梅の氷凝呪法によって阻まれてしまいます。

氷凝呪法は氷の術式。

その威力はすさまじく、虎杖たちは氷漬けにされてしまいます。

張相の穿血によって負傷した腕も反転術式によってみるみる回復。

裏梅の呪術師としての腕は段違いのようです。

赤鱗躍動によって体内を活性化して氷を解かそうとする張相ですが、そんな張相にたいして裏梅がトドメを刺そうとします。

しかし氷漬けから回復した虎杖が張相を覆う氷を蹴り壊し、難を逃れます。

空にいたため氷漬けにされていない西宮が術式によって裏梅を攻撃しますが、裏梅・夏油共にこれを片手で消滅。

裏梅は先ほどよりも強烈な氷撃によって3人を攻撃します。

やられる―と虎杖が覚悟したそのとき、夏油に話しかける女性の声が聞こえます。

あの時の答えを効かせてくれるかな?

九十九由基がどんな女がタイプかな?と夏油に尋ねるのでした。

呪術廻戦 ネタバレ 136話呪術廻戦【第136話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦の最新話を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT 呪術廻戦 15巻

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ週刊少年ジャンプの最新号を無料で読むことができますよ♪

\いますぐ無料で最新話が読める/

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

呪術廻戦【第135話】の感想&考察!

裏梅の術式は氷を使うものでした。

その威力はすさまじく、ひとたび術式を発動するや、虎杖たちはいっせいに氷漬けにされてしまって身動きを取ることができませんでした。

ひとり、虎杖のみ氷漬けからいち早く回復します。

なぜ一人だけ氷漬けから立ち直れたのかについて、「宿儺関連だな」と虎杖は考えているのでした。

宿儺の術式ってよくわからないですよね。

はじめは斬撃のような術式かと思われていましたが、漏瑚との戦闘では炎をつかって漏瑚を焼き尽くしていました。

今回、虎杖が氷から立ち直れたのは、宿儺が漏瑚戦でみせた炎の術式関連ということなのでしょうか?

それとも状態変化一般を受けつけないというような特殊なステータスでも持ってるのかもしれませんね。

”存在しない記憶”といい、宿儺といい、虎杖にはいろんなものが詰め込まれていて読んでいて楽しいです。

まとめ

『呪術廻戦』第135話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

無料で読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。