『少年のアビス』ネタバレはこちら!

呪術廻戦【第138話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦 ネタバレ 138話

\いますぐ無料で最新巻が読める/

『呪術廻戦』【第138話】の最新話のネタバレ&感想・考察の記事です。

前回 今回 次回
137話 第138話(最新話) 第139話

『呪術廻戦』を無料で読む方法についてお探しの方はつぎの記事をどうぞ!
全巻無料で読む方法を解説していますよ♪

呪術廻戦【第138話】のネタバレ&あらすじ!

禪院家。

真衣は死んだのかと禪院直哉が尋ねています。

禪院直哉は特別一級術師。

次期当主候補の一人です。

死にかけているのは真衣ではなく真希だと女性が答えます。

直哉は、同じ双子でも東京校の真希よりも京都校の真衣のことを評価しているようでした。

男の三歩後ろをあるくような女は女でないという理屈のようです。

女性は言葉をはさまずに黙っています。

遅いぞ、と直哉を迎えるのは禪院家の二人の特別一級術師。

禪院扇と禪院甚壱です。

父が死にかけているというのにと言って直哉をなじります。

軽い調子で直哉は謝りますが、次期当主は自分なのだから父が死のうが死ぬまいが別に構わないだろうと言ってのけます。

ほかの兄たちはぱっとしないし、叔父である扇も同様、甚壱は…と直哉は間を置いて、顔がダメだと口にします。

甚壱が剛腕をしならせ直哉に殴りかかりますが、直哉は一瞬にして甚壱の背後に回り込みます。

扇が刀を直哉の首筋にあてたところで、使いの者が遺言状を読み上げに部屋に入ってきました。

現・当主である直毘人が亡くなったのです。

遺言の内容は、禪院家の新たな当主を直哉とするというもの。

高専および禪院家の忌庫に属する呪具および全財産を直哉が相続し、扇・甚壱のいずれかの承認を得たうえで直哉が運営するものとする。

直哉が舌打ちをします。

財産の運用に扇や甚壱の許可が必要であるという条件付きだったことが面白くなかった様子です。

ただし、と遺言の読み上げがつづきます。

なんらかの理由で五条悟が意志能力を発揮できない場合、禅院甚爾との誓約を履行し伏黒恵を禪院家に迎え、同人が禪院家の当主とし全財産を譲るとのこと。

つまり、あらたな当主は伏黒恵ということです。

直哉の表情に殺気が走ります。

 

直哉が恵の居場所を女性に質しています。

くわしくはわからないがおそらく虎杖と同行しているのではないかという返答。

それならばと宿儺の器は始末してやると上に伝えておいてと直哉は女性に言い含めます。

今の東京は呪霊が跋扈する魔京。

人が亡くなろうがどうとでも説明はつきます。

騒動に乗じて、直哉は恵を亡き者にしようとしているのでした。

 

張相が虎杖の怪我の様子を案じています。

宿儺のおかげなのか、負傷の程度は軽いと虎杖は返事をします。

張相は、虎杖に高専に戻るという選択肢を提示します。

ただ虎杖には考えがあるようでした。

宿儺が伏黒恵を使って何かを企んでいるということ。

それに宿儺がやったことだとはいえ大量の殺人に自分が関与していることに気が咎めているようです。

自分はもう高専の仲間たちといっしょにはいられないと虎杖は口にします。

虎杖は、自分が張相の弟たちも手にかけたをどう考えているのかと、張層に尋ねます。

あれは事故だと張相は答えます。

いまはとにかく呪霊の数を減らすことだと二人の意見は合致。

虎杖と張相は呪霊狩りに向かうのでした。

呪術廻戦 ネタバレ 139話呪術廻戦【第139話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦の最新話を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT 呪術廻戦 15巻

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ呪術廻戦の最新刊を無料で読むことができますよ♪

\いますぐ無料で最新巻が読める/

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

呪術廻戦【第138話】の感想&考察!

恵を次期当主とするという遺言が読み上げられました。

思えば五条が高専生の頃、甚爾と敵対することがありましたよね。

五条にトドメを刺される直前、甚爾は五条に恵のことを匂わせていました。

恵が禪院家に売られるから好きにしろ、という言い回しでした。

クセのある言い方だったので、どのような意味だったのか分かりづらかったのですが、後を託すとかそういう意味だったのかもしれませんね。

直毘人と五条との間に、恵をめぐってどういうやり取りがあったのかわかりません。

いずれにせよ直毘人は恵を禪院家の当主にするという遺言を残したわけです。

しかしこれって恵にとって良い決定だったのかは疑問です。

今回、遺言の内容に直哉が反発したように、これまで伏黒として生きてきた人間を急に禪院の当主に据えた所で、内部の人間から反発が起きうるのは予想できたと思うんですよね。

まして直毘人にとって直哉は家族。

性格も手に取るようにわかっているはずで。

伏黒を党首に据えることに誰のどういう意図が働いてこうなったのかよくわからないなあという印象の回でした。

まとめ

『呪術廻戦』第138話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

無料で読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。