『少年のアビス』ネタバレはこちら!

呪術廻戦【第143話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦 ネタバレ 143話

\いますぐ無料で最新巻が読める/

『呪術廻戦』【第143話】の最新話のネタバレ&感想・考察の記事です。

前回 今回 次回
第142話 第143話(最新話) 第144話

『呪術廻戦』を無料で読む方法についてお探しの方はつぎの記事をどうぞ!
全巻無料で読む方法を解説していますよ♪

呪術廻戦【第143話】のネタバレ&あらすじ!

張相の超新星をくらって、直哉は地面にはいつくばっています。

直哉の位置からだと、辛そうですねと話しかける乙骨が見下しているようでおもしろくありません。

突然の吐き気。

直哉は胃の中のものをもどしてしまいます。

毒のようです。

赤血操術に毒の効果があるとは疑わしい。

ここで直哉はピンときます。

あれだけ血を放出していながら生きているのがおかしかったのです。

張相は人間ではなく、受肉体。

いま自分が這いつくばっているのは侵入してきた受肉体の血に体が拒否反応を示しているためなのだと。

治しましょうか?と乙骨が話しかけてきました。

自分の反転術式なら治せますよ?と相変わらず見下ろすような位置から話してきます。

ただし虎杖の死を直哉の口からも上層部に話してもらいたいという条件を提示してきました。

 

仁、と呼ぶ声がします。

呼んでいるのは虎杖のじいちゃん。

少し若いです。

仁、お前がどう生きようと勝手だがあの女はやめておけとじいちゃんは話しています。

仁とよばれた男性は赤ん坊を抱えています。

悠仁の前で変な話はやめてくださいと答えます。

お前が子供を欲しがっているのも香織との間にそれがかなわなかったことも知っている、だが香織が死んだのは……とじいちゃんが言いかけた段階で、お義父さんと呼ぶ女性の声が。

何の話ですか?と話に割り込んできたのは、頭に縫い目のある女性でした。

そこで虎杖は目を覚まします。

乙骨が焚火をしています。

あれ?と虎杖が声をあげると、よかったと安心したような顔を見せる乙骨。

上京が飲みこめない虎杖に、乙骨が説明をしてくれました。

9月頃、五条先生が訪ねてきたんだと乙骨が話し始めます。

五条は自分に何かあったら一、二年のことをたのみにきたそうです。

とくに秘匿死刑の決まっている虎杖をよろしくといっていたとのこと。

今回のことがあって、他に執行人が建てられるよりかは、自分が執行人として立ち回った方が話が早いと考えたと乙骨は言います。

疑い深い総監部をだますために、本当に虎杖を殺す”縛り”を結んだ。

だから一度死んでもらったのだと乙骨。

じゃあなぜ今生きているのかと虎杖が聞きます。

心臓が止まると同時に一気に反転術式で治療を施したのだと乙骨が説明します。

君の死を偽装するのは二度目だねと乙骨は言います。

なぜそこまでしてくれるんだと虎杖は不思議そうにします。

自分が大切にしている人たちが君のことを大切にしているからだよと乙骨は答えます。

君は悪くないと乙骨は力強く虎杖のことを肯定してくれました。

虎杖と呼びかける声があります。

伏黒でした。

高専に戻るぞと伏黒が口にします。

しかし虎杖は、当たり前のように自分を受け入れるなといって突如現れた伏黒に戸惑っているようです。

宿儺による大量殺害を気に病んでのことだろうなと乙骨は考えます。

まだ自分が存在していていいのかどうか迷っているんだろう。

だから自分との戦闘でもボルテージが最大にまで上がり切っていなかったのだと。

伏黒は虎杖のために言葉をつくしてくれますが、自分が隣に居続ける限り伏黒がずっと苦しみ続ける可能性のことを思うと虎杖は素直にはなれません。

そんな虎杖の心を動かしたのは、まずオレを助けろという一言でした。

伏黒は今、加茂憲倫の仕組んだ呪術師たちによる殺し合い「死滅回游」というものにわずらわされているとのこと。

津美紀がその死滅回游に巻き込まれているようなのです。

おまえの力が必要なんだと、伏黒は虎杖に頼むのでした。

呪術廻戦 ネタバレ 144話呪術廻戦【第144話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦の最新巻を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT 呪術廻戦 15巻

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ呪術廻戦の最新刊を無料で読むことができますよ♪

\いますぐ無料で最新巻が読める/

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

呪術廻戦【第143話】の感想&考察!

一度殺した虎杖をその場で一気に回復させてしまう乙骨、すごすぎですよね。

反転術式は呪霊や宿儺をのぞけば、これまで五条と家入硝子しか使い手がいなかったと思います。

呪霊や宿儺にとっては反転術式はおてのものとのこと。

ただ人間にとっては難易度の高い技術のため、あの五条であっても反転術式で自分を治癒できたとしても他人を治癒することはできませんでした。

家入硝子は反転術式に関して天才肌だったようで、他人を治療することができます。

しかし家入硝子は戦闘能力があきらかになっていません。前衛で戦うには心もとない腕前だという印象がありますね。

その点、乙骨は前線でバリバリ戦えて、しかも他人を治療することもできるわけです。

まさに万能選手ですね。

そんな乙骨ですが、どうやら虎杖の味方の立ち位置にいるようです。

なにやら死滅回游というものが始まったようですが、乙骨がいれば何とかなるような気がしませんか?

まとめ

『呪術廻戦』第143話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

無料で読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。