『少年のアビス』ネタバレはこちら!

呪術廻戦【第144話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦 ネタバレ 144話

\いますぐ無料で最新巻が読める/

『呪術廻戦』【第144話】の最新話のネタバレ&感想・考察の記事です。

前回 今回 次回
第143話 第144話(最新話) 第145話

『呪術廻戦』を無料で読む方法についてお探しの方はつぎの記事をどうぞ!
全巻無料で読む方法を解説していますよ♪

呪術廻戦【第144話】のネタバレ&あらすじ!

伏黒が虎杖に、津美紀が死滅回游に巻き込まれたと話しています。

お前の力が必要だと言われて虎杖の心は動いたようです。

覚悟を決めた顔で乙骨に宿儺の指について話し始めました。

自分の体の中にはいま15本の指が入っていて、このあいだ宿儺に体を乗っ取られたときには一気に10本も食わされたためだ。

のこり5本の指を一気に喰わされたとしても体が乗っ取られることはないと思う。

でも、もしも宿儺と入れ替わるようなことがあるとしたら、そのときは迷わず自分ごと殺してくれ。

そう頼まれた乙骨は、ベストを尽くすよと返事をします。

次いで、虎杖は伏黒を振り返り具体的に何から始めればよいのか質問します。

伏黒が言うには、まず天元に接触する必要があるとのこと。

五条が封印されている獄門彊の開き方と、加茂憲倫の目論見について聞くためです。

この二つに答えられるのは天元しかいないと伏黒は言います。

九十九さんはわからないかな?と虎杖がきくと、九十九さんとはもう相談済みで天元に話をもっていくのは九十九さんの案だと伏黒が返事をします。

九十九は今、高専に潜伏しているとのこと。

呪術会の上層部と関わりたくないようでした。

天元に面会するためには、天元を隠している結界が厄介だと乙骨が口にします。

特殊な結界で千もの扉がシャッフルされており、そのうちのたった一つのみが天元の元へと通じているとのこと。

今後の方針が明らかになったことで心が決まったのか、虎杖は気になっていたことを思い切って尋ねます。

釘崎はどうなった?

伏黒は目をそらし黙ったまま。

言わんとすることをくみ取った虎杖はこぶしを握って、わかったと答えるのでした。

暗闇から、ぬっ、と張相が現れます。

天元を隠している結界については何とかなるかもしれないと張相が言います。

 

高専。

真希と九十九が待っていました。

もう動いていいの?と乙骨がうれしそうに真希に話しかけます。

反転術式を施されたおかげで回復はしましたが、火傷の跡はのこっています。

天元の結界に話題が向きます。

俺から話そうと張相が前へ出ます。

天元にたどり着くため引き当てるべきただ一つの扉は張層に判断できるというのです。

どういうことかというと天元のいる場所と扉の間には、呪具や呪物を保管している忌庫があるのですが、その忌庫には張相の弟たちにあたる九相図の亡骸もおかれているのです。

張相には弟たちの気配がわかります。

ですので、弟たちの気配のする扉を選べば、それが天元へ通ずる扉にちがいないと張相は説明します。

 

説明のとおり、張相が扉の判別に挑みます。

この扉で間違いないと思うと言って張相はひとつの扉の前に立ちます。

開くとそこには森が広がっていました。

奥へ向かいます。

道中、忌庫を横切る一行。

張相は弟たちの亡骸に「あとで迎えに来る」と呼びかけるのでした。

奥にあった昇降機でさらに下へ。

到着した広間には血痕がのこっていました。

なにかあったのかな?と口にする虎杖に「昔の話さ」と九十九が答えます。

このとき九十九は禪院甚爾と五条・夏油の戦いのことを念頭においています。

目的の場所に到着しました。

九十九が「クソっ」と口にします。

なにもありません。

見渡す限り真っ白な空間が広がっています。

天元は現世のことに干渉しませんが、六眼が五条とともに封印された今となっては大丈夫と読んでいたのですが、読みが甘かったことを九十九がつぶやきます。

あきらめて帰ろうとする一行に「帰るのか?」と声をかけるものがいます。

九十九たちが振り返ると天元が立っていました。

呪術廻戦 ネタバレ 145話呪術廻戦【第145話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦の最新巻を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT 呪術廻戦 15巻

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ呪術廻戦の最新刊を無料で読むことができますよ♪

\いますぐ無料で最新巻が読める/

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

呪術廻戦【第144話】の感想&考察!

漏瑚にやられた火傷の跡が残っていましたが真希は元気なようでした。

表情にとぼしい乙骨ですが、真希の顔を見たときはうれしそうにしていて微笑ましかったです。

一方、釘崎については伏黒は何も語りませんでした。

伏黒の言わんとするところを察して虎杖も深くは追及しませんでした。

死んでしまったということなんですかね?

主人公トリオの内の一人ですので、何かしらの形で再登場するような気もするんですけどね。

さて、獄門彊の封印についてと、加茂憲倫の目論見についての情報を得るために天元に接触することができた一行。

天元は何を語るんでしょうか。

まとめ

『呪術廻戦』第144話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

無料で読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。