『少年のアビス』ネタバレはこちら!

呪術廻戦【第145話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦 ネタバレ 145話

\いますぐ無料で最新巻が読める/

『呪術廻戦』【第145話】の最新話のネタバレ&感想・考察の記事です。

前回 今回 次回
第144話 第145話(最新話) 第146話

『呪術廻戦』を無料で読む方法についてお探しの方はつぎの記事をどうぞ!
全巻無料で読む方法を解説していますよ♪

呪術廻戦【第145話】のネタバレ&あらすじ!

なぜ薨星宮(こうせいぐう)を閉じたのかと九十九が尋ねます。

羂索 (けんじゃく)が九十九に同調していることを警戒したのだと天元が答えます。

羂索 ?と九十九が尋ねます。

かつて加茂憲倫、いまは夏油傑の体に入っているもののことだと天元が答えます。

天元は変わった風貌をしています。

そのことを虎杖が尋ねると、500年も老いればこのようになるのだと天元が答えます。

11年前、星漿体(せいしょうたい)との同化に失敗したことを口にする天元。

天内理子のほかにスペアの星漿体がいたわけではなかったのかと九十九が独り言ちます。

乙骨が口を開きます。

獄門彊の開き方と、羂索の目論見について聞きに来たことを説明します。

天元は情報の提供と引き換えに一つ条件をだしてきました。

九十九・乙骨・張相。

この3人のうち2人はこの場所にのこって、天元の護衛をするというのがその条件です。

乙骨や真希から、不死なのに護衛の必要性があるのかといったことや、封印を警戒しているのかといった質問がでます。

さらに九十九は護衛の期間や理由も明かさないというのはフェアではないのではないかと意見します。

これをうけて天元は羂索の説明から始めることに。

 

羂索の目的は人類全体の強制的な進化。

それを目的として、具体的に目論んでいるのは天元との同化であると語ります。

天元との同化は星漿体にしかできないはずと虎杖が疑問を口にします。

11年前、天内理子が殺されたときから「進化」し始めた天元なら、星漿体以外のものとの同化もできなくはないと、天元が説明します。

 

次いでなぜ天元と同化することが、羂索の目論む人類の強制進化につながるのかについてです。

いま虎杖たちの目の前ではなしている天元は仮の姿のようなもの。

天元の魂は世界のいたる所に存在しています。

いうなれば天地そのものが天元。

それが「進化」ということのようです。

天元と同化するということは、そういった新しい存在になるということ。

羂索の目論みはそのような状態に人類をもっていくことだとのこと。

しかしそうなると、大変なことになると天元は言います。

天地と一体化したとはいえ結界術に長けている天元は、こうして虎杖たちと話しているような自我を保つことができています。

しかし、ごく普通の人間が天地どころか他人と一体化した存在となってしまったらどうなるでしょう。

たった一人の悪意が全体に伝わってしまいます。

たった一人の穢れが全てを汚染し尽くし、世界全体が、呪霊が解き放たれて魔境となった東京のようになってしまうと天元は言います。

 

天元の方で同化することを拒めばいいのではないかと真希が意見します。

そこが問題なのだと天元が応えます。

進化を果たした天元の今の状態は、人間よりも呪霊に近い存在なのだそうです。

呪霊に近いということは、夏油の呪霊操術の対象。

呪霊操術を得た羂索なら容易く天元をおもいのままに操ることが可能なのです。

 

なぜ死滅回游をおこなうのかと伏黒が尋ねます。

「慣らし」だと天元は答えます。

死滅回游は参加者たちの呪力を使って、この国の人間を「彼岸へと渡す」ものだと天元は言います。

死滅回游は相当な儀式です。

いくら羂索とはいえ、なんらかの”縛り”を設けずにこの規模の儀式を成立させるのは難しいのではないかと天元は読んでいるようです。

その証拠に、死滅回游のゲームマスターは羂索ではありません。

羂索は管理者として死滅回游を思うままに操ることはできないということです。

ただしこのことは、羂索ひとりを倒したとしても死滅回游が終了しないという意味において、伏黒にとってもデメリットになります。

死滅回游はプレイヤー全員が死亡するか、プレイヤー全員が参加拒否して死亡するかでしか終わらないのです。

伏黒と乙骨は死滅回游の一つのルールに注目します。

プレイヤーは100ポイントを消費してゲームマスターと交渉することでルールを一つ追加することができるというルールです。

これを実現するためには自分たちもゲームに参加して、津美紀がゲームから降りることができるようなルールを追加するしかありません。

 

天元の護衛には九十九と張相が残ることになりました。

天元は二人に礼を言って、獄門彊による封印を解くカギになるアイテムを取り出します。

天元はそのアイテムを獄門彊「裏」と呼びました。

正門と裏門の関係にあたるようです。

開門の権限は「表」のほうにあるようですが、呪力を無効化する天逆鉾(あまさかのほこ)や黒縄(こくじょう)といった呪具があればこじ開けることが可能とのこと。

しかし天逆鉾も黒縄もどちらも五条本人が消してしまったそうなのです。

しかし、手はまだ残っているとのこと。

死滅回游に参加している「天使」という術師。

この術師の術式はあらゆる術式を消滅させるものなのでした。

呪術廻戦 ネタバレ 146話呪術廻戦【第146話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦の最新巻を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT 呪術廻戦 15巻

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ呪術廻戦の最新刊を無料で読むことができますよ♪

\いますぐ無料で最新巻が読める/

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

呪術廻戦【第145話】の感想&考察!

天元による難しい話がつづきましたね。

死滅回游のところが特に難しかったです。

参加者たちの呪力を使って、この国の人間たちを「彼岸へと渡す」ものだと天元は説明していました。

彼岸へ渡すというのがどういうことなのか、具体的に言及されていなかったように思うのですが(読み落としだったらスミマセン)、天元と同化する前の慣らしであると前置きされていることを合わせて考えると、天地と一つになるというようなことに近しい意味だと思われます。

エヴァでいう人類補完計画みたいなものなんじゃないかなあと思っています。

話は変わりますが、呪具という概念が面白いですよね。

ハンターハンターのグリードアイランド編ではカードを実体化して特殊アイテムとして使用することができましたが、呪術廻戦の呪具はそれに近い感覚があります。

ハンターハンターではカードの概念はグリードアイランド内だけで有効でした。

グリードアイランド編が終了するとなくなってしまった設定なので少し寂しかったのですが、呪術廻戦の呪具はずっと生きるので良い感じです。

まとめ

『呪術廻戦』第145話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

無料で読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。