『少年のアビス』ネタバレはこちら!

呪術廻戦【第147話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦 ネタバレ 147話

\いますぐ無料で最新巻が読める/

『呪術廻戦』【第147話】の最新話のネタバレ&感想・考察の記事です。

前回 今回 次回
第146回 第147話(最新話) 第148話

『呪術廻戦』を無料で読む方法についてお探しの方はつぎの記事をどうぞ!
全巻無料で読む方法を解説していますよ♪

呪術廻戦【第147話】のネタバレ&あらすじ!

昔の話です。

両手を拘束された夜蛾学長が一人牢獄に座り込んでいます。

そんな夜蛾に話しかける老人の姿が。

楽巌寺学長です。

話題はパンダについて。

もともと、呪骸を動かす技術はその頃から存在していました。

ただしそれは術者からの呪力の提供を受けたうえでのことです。

夜蛾が作り出したパンダは呪力の提供を受けることなく自律して動く呪骸。

夜蛾が拘束されているのは、自立して動く呪骸を作り出したことによる危険性からでした。

勝手に動く呪骸を量産してしまえば、軍隊を作り上げることだって可能になってしまいます。

パンダの作り方を応えろと楽巌寺が質します。

夜蛾はシラを切り通すのでした。

 

現在。

夜蛾が一人の呪骸からはげまされています。

クマのぬいぐるみのような恰好をしています。

みんないってるぜ、最近まさみちが元気ないってこと。

元気が無ければ元気づければいいっていってやったんだ!天才だろ?と無邪気にその呪骸は話します。

タケル、と夜蛾はその呪骸に話し返します。

すまないがしばらく帰れない。

また出張?とタケルが尋ねます。

この森は天元様が守ってくれるし、お母さんも会いに来てくれる。

オレが居なくても大丈夫だと夜蛾が口にします。

 

パンダはとらえられていました。

日下部がパンダを拘束していた綱を切断します。

オレが助けたっていうんじゃないぞと日下部はパンダに言い含めます。

お前が捕まっているのは夜蛾さんをおびき出すためだと日下部は言います。

日下部は夜蛾に恩があるからパンダを助けたのでした。

 

この時点から少しさかのぼった時の話。

日下部は車椅子に乗った妹を連れています。

あらぬ方向に目をやったまま心ここにあらずといった感じです。

本当に良いんだな?コイツはもうお前の甥じゃないんだぞと夜蛾が聞きます。

妹にはタケルがいないとダメなんですと日下部が返事をします。

まさみち!あの人ぼくのお母さんじゃない?

夜蛾の後ろから、タケルがひょっこり顔をのぞかせました。

日下部の妹がわずかに反応を示します。

よくわかったな、と夜蛾が返事をします。

へへへそうじゃないかとおもったぜ!天才だろ?とタケルは調子に乗ります。

天才だろ?

日下部の妹が身を乗り出します。

彼女には息子がいました。

口癖は「天才だろ?」

激しくむせびながらタケルを抱きしめます。

そんな妹の姿をまえに日下部は涙を押し殺しながら、夜蛾に礼を言うのでした。

 

また現在にもどります。

呪術界の構成員と夜蛾が話をしています。

呪骸も連れずにどこに行くのですか?と尋ねられて、息子に会いに行くのだと夜蛾は答えます。

夜蛾が助かる唯一の道は、自立型呪骸の作り方をここで明かすことだと構成員が迫ります。

五条がいなくなるとずいぶん強気だなと夜蛾は返事します。

こちらには歴戦の術師がついていると構成員が答えます。

ギターを手にした楽巌寺が現れます。

 

血まみれになった夜蛾が倒れています。

夜蛾は肉体の情報から魂の情報を複製するのだと話をはじめます。

夜蛾が話したのは自立型呪骸の作り方でした。

なぜ今さら話した?と楽巌寺は取り乱します。

もっと早く話せば生き延びることができたのです。

呪いですよ、と夜蛾が答えます。

私からあなたへの呪いです楽巌寺学長と口にして、夜蛾は事切れました。

急いだ様子でパンダが走ってきました。

血まみれで動かない様子を見て、夜蛾の状態を悟ったようです。

パンダが歩みよります。

身構える楽巌寺学長の横を素通りして、パンダは夜蛾の体を横たえます。

なぜ戦わない?わしが憎くないのか?と楽巌寺が質します。

上に命令されてやったことだろう?アンタとまさみちは仲が良かったもんなとパンダが返事します。

そう言ってパンダはただ涙を流すのでした。

呪術廻戦 ネタバレ 148話呪術廻戦【第148話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦の最新巻を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT 呪術廻戦 15巻

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ呪術廻戦の最新刊を無料で読むことができますよ♪

\いますぐ無料で最新巻が読める/

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

呪術廻戦【第147話】の感想&考察!

夜蛾が亡くなりました。

生前、日下部の甥を呪骸として細工していました。

夏油が呪霊たちを放ったせいで東京は魔境と化していましたが、夜蛾が呪骸にこめたタケルはもしかするとその被害者なのかもしれませんね。

悲しい回でした。

さて、真希は禪院家の忌庫から呪具を回収したのち、パンダと合流して回游に参加するとのことでした。

パンダの安否が不明でしたが、日下部によって解放されたようですね。

乙骨はすでに回游に参加しており、虎杖・伏黒は秤金次という3年に会いに行っています。

次週はどの話が進むのでしょう。

まとめ

『呪術廻戦』第147話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

無料で読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。