『少年のアビス』ネタバレはこちら!

呪術廻戦【第149話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦 ネタバレ 149話

『呪術廻戦』【第149話】の最新話(週刊少年ジャンプ 2021年25号[2021年5月24日発売]掲載分)ネタバレ&感想・考察の記事です。

\いますぐ無料で最新巻が読める/
前回 今回 次回
第148話 第149話(最新話) 第150話

『呪術廻戦』を無料で読む方法についてお探しの方はつぎの記事をどうぞ!
全巻無料で読む方法を解説していますよ♪

呪術廻戦【第149話】のネタバレ&あらすじ!

禪院扇は真希と真衣の首根っこをつかんで引きずっています。

刀身を折ったことで油断したこと、自分は剣士ではなく術師なのだということ、だからお前は出来損ないなのだと話しています。

真衣には意識があるようですが、扇に斬られた真希に意識がありません。

兄である直毘人にただ一点を除いて後れを取ったことはないと、扇は口にします。

自分が当主になれなかったのは出来損ないの子供を持ったことだと。

子供が親の足を引っ張るなどあってはならないと話します。

意識の残っていた真衣が、この国では足の引っ張り合いが美徳なのだと返事をします。

扇が目的地に着きました。

長い階段の下に何もないだだっ広い部屋が広がっています。

扇は二人を階段から突き落とします。

その部屋は、訓練と懲罰に使われる部屋なのでした。

2級以下の呪霊を無数に飼っているのです。

じきにオマエたちを食いに出てくるだろうと扇が言います。

扇は意識のない真希を見下ろしながらつぶやきます。

天与呪縛のフィジカルギフテッドがなんだというのだ、術師は鍛えた体をさらに呪力で強化して戦う。

オマエがもっているものなど術師なら誰もが持っているものなんだと。

さらば我が人生の汚点と言い残して扇は去っていきます。

部屋に残された真希と真衣。

真衣が真希の胸に手を当てます。

まだ心臓は動いていました。

いつかこうなるんじゃないかと思っていたと真衣がつぶやきます。

真衣は真希に顔を近づけて「最悪」と口にします。

 

波の音が聞こえて真希が目を覚まします。

どこか田舎の砂浜のようです。

となりには真衣が座っていました。

あまり大きなものや複雑なものは私の術式では作れないと、真衣が話します。

扇に斬られた傷もあることだし”これ”を作ったら私死ぬからと言い残して、真衣は海に向かって歩きます。

まるで入水自殺でもするかのようです。

何を言っているんだ、とにかく戻って来いと真希が呼びかけます。

真衣は真希を振り返り、なぜ双子は呪術師にとって凶兆なのかわかっていたのだと話します。

一卵性双生児は呪術では同一人物としてみなされる。

真希が強くなりたいと鍛錬を積んだとしても、真衣は強くなることを望んでいない。

真希が天与呪縛の才に恵まれていたのだとしても、真衣が術式を持っていることで相殺されている。

自分が生きている限り、真希は一生半端者なのだと真衣が言います。

わかったから戻れと真希が真衣の腕を取ります。

これだけはもっていきなさいと言って、真衣は羽のようなものを真希に手渡します。

呪力も何もかももっていってあげるから、ひとつだけ約束して。

なにもかも壊して。

全部だからね、おねえちゃんと真衣は笑います。

 

真希が目を覚まします。

手には鍔の部分が羽でくるまれた刀を握っています。

真衣の目に生気はなく、真希が呼びかけても返事をしません。

呪霊たちが近づいて来ています。

 

扇が気配を察知します。

呪霊が消滅し、ただごとではないことが起きているようです。

真衣の体を手に部屋から出てきた真希。

扇は体に染みついていた恐怖を思い出すのでした。

天与呪縛のフィジカルギフテッド。

禪院甚爾が真希に重なって見えたのです。

術式を解放する扇。

手にしていた刀が燃え上がります。

今一度この手で焼き尽くしてやると叫ぶ扇とは対照的に、真希は静かに間合いを詰めます。

つぎの瞬間、扇は左目から上を切り落とされていました。

始めるよ、と真衣に呼びかける真希なのでした。

呪術廻戦 ネタバレ 150話呪術廻戦【第150話】ネタバレ&感想・考察!

呪術廻戦の最新巻を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT 呪術廻戦 15巻

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ呪術廻戦の最新刊を無料で読むことができますよ♪

\いますぐ無料で最新巻が読める/

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

呪術廻戦【第149話】の感想&考察!

呪術のうえでは一卵性双生児は同一人物としてあつかわれるという設定があったんですね。

天与呪縛によって強力な身体能力をもっていたものの甚爾には見劣りしていた真希ですが、真衣が亡くなったことによって枷が解かれたようです。

そんな真希を目の前にして、扇は甚爾に染みつけられた恐怖感を呼び覚まされます。

真希は甚爾に匹敵する存在になったようですね。

羂索 (けんじゃく:夏油の中に入っているヤツです)と九十九が人類の進化について議論をしていたシーンがありましたよね。

羂索 (けんじゃく)は天元との一体化によって人類の進化をはかるという考えでした。

一方で、九十九が希望を見出していたのは呪力からの脱却でした。

羂索 (けんじゃく)が言うには、九十九のプランは甚爾が死亡した時点で頓挫したとのことでしたが、真希が甚爾に代わる存在になれば、九十九のプランも生きるのかもしれません。

そもそもこの議論ですが、なぜ人類を進化させないといけないのかがピンときていないんですけどね。

おそらくですが、呪力は”怒り”であるとか”悲しみ”であるとかそういった負のエネルギーですので、人類はそういった負のエネルギーとどのように向き合っていくべきなのかという意図なのだと思うのですが……。

 

あと高専2年のエピソードがつづきましたね。

パンダの話につづいて、先週と今週は真希の話でした。

来週は狗巻の話をやってくれるんでしょうか?

まとめ

『呪術廻戦』第149話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

次回の『呪術廻戦』第150話は、週刊少年ジャンプ 2021年26号[2021年5月31日発売]分に掲載する予定です。

無料で読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。