『少年のアビス』ネタバレはこちら!

きみは面倒な婚約者 1話【ネタバレ&感想!】

ネタバレ 感想

『きみは面倒な婚約者』ネタバレ&感想!

お菓子メーカーで働く加治屋紫乃には、スマートでイケメン、バリバリ仕事のできる婚約者がいます。

ライバルが現れて王道オフィスラブのはじまり!……かと思いきやこのマンガ、ちょっと変わっているんです。

\きみは面倒な婚約者を試し読み/
試し読みのつづきは半額で読めるのでチェック!

きみは面倒な婚約者 1話のネタバレ

「私はこの物語の主人公ではない」

漫画『きみは面倒な婚約者』は、加治屋紫乃(かじや しの)のモノローグで幕を開けます。

物語の舞台となるのはお菓子の原料を製造・販売している「加治屋フーズ」

そこそこ名の通った優良企業です。

紫乃は加治屋フーズの社長の娘です。

広報部に所属。

勤続年数は4年。

仕事も真面目に頑張っています。

 

ある日のこと。

紫乃が会議を終えてミーティングルームから外へ出ると、橘さんにばったり出くわします。

百点満点の笑顔と、心地の良いハスキーボイス。

橘さんからあいさつされて、テンションが上がる紫乃。

「商談がんばってください」と笑顔で返事をします。

橘さんは入社6年目。

大口顧客を何件も抱える若手のホープです。

「紫乃さん、今日は一緒に会社を出ましょうか」

橘さんが耳元でささやきます。

なにを隠そう橘さんは、紫乃の婚約者。

紫乃はとろーんとした目で橘さんを見送ります。

 

終業後。

ロビーで待っていると、橘さんからメッセージが。

ウキウキした気持ちで紫乃が降りていくと話し声が聞こえてきます。

「紫乃の件、よろしくたのむね」

社長(紫乃の父)と橘さんが言葉を交わしていたのでした。

父と何か話されていましたか?と質問する紫乃ですが、特に何も話していませんよ、とはぐらかされてしまいます。

紫乃は考えます。

(橘さん、嘘ついた。私に何か隠してる?でも知らないほうが良いこともあるもんね。お互いに)

その後二人はレストランで食事をします。

(橘さんはズルい。いつもはすごく大人なのに、たまにこんな風にかわいい笑顔をみせたりするんだから)

帰り道は、いつも橘さんが送ってくれます。

別れ間際。

呼び止められてふり向くと、キスをされます。

「社長にはどうか内密で」

人差し指を口に当てて橘さんは紫乃にささやきます。

(なに今のキス!!)

素敵!!ワインの味!!大人!!何もかもスマート!!

紫乃はもう橘さんのこと以外考えられません、というわけでもなく案外と紫乃は冷めています。

(橘さんにとってこんなに素敵なデートも「婚約者としての義務」でしかないんだろう)

玄関をくぐると、母が出迎えてくれます。

そのままシャワーを浴びながら紫乃はまた考えます。

(婚約から3年、触れるだけのキス以上の進展はなし)

橘さんの涼し気な目元を思い出しながら(いつかはあの目に求められたい)そんなことを考えながら、ベッドにころがりこんで紫乃はドハマりしている趣味に精を出します。

趣味とはコミックを読むこと。

スマホをポチポチいじくります。

(キター!追話配信!前回ものすごくいいところで終わったんだよね)

ハマっているのは王道のオフィスラブ。

平凡だけど健気な主人公が会社のスーパーヒーローと恋に落ちていく物語です。

そして紫乃イチオシの理由。

それはヒーローのビジュアルが橘さんそっくりであることなのです。

画面をスクロールしてどんどん読みすすめていく紫乃。

主人公とヒーローがキスをする。

そんな場面でヒーローのスマホから通知音が。

主人公がヒーローに問いかけます「誰からでしたか?」

ヒーローは答えます「婚約者」

(婚約者いたんかーい!)

ツッコミを抑えきれません。

もうコミックの世界にどっぷりです。

しかし読み終わるとどこかまた冷めてしまう紫乃なのでした。

 

あくる日、用事があって橘さんが所属する営業部へでかける紫乃。

やだ、また加治屋さんが来てる。やめて欲しいよね、社長に監視されてるみたい。

陰口もバッチリ聞き流しながら紫乃はぐんぐん進みます。

すると。

(おや?)

加治屋さんが若い女の子と談笑しています。

(おや?おや?おや?おや?おや?)

しかもけっこういい雰囲気。

橘さんのデスクの隣はこれまで空席でした。

なのに、知らない女の子がいる?

そんなことを考えていると「ちょうどいいところに来た」と橘さんから声をかけられます。

橘さんから紹介されます。

女の子は新入社員でした。

橘さんがトレーナーとしてこの子につくとのこと。

名前は花沢優衣。

しかしこの子、どこかで見た覚えが……。

橘さんは紫乃のことも紹介してくれます。

婚約してるんだ。

きっぱりと説明してくれて頭のなかがぱぁぁーっとなります。

一方、花沢さんは浮かない表情。

そんな花沢さんの顔を見ていたら、先ほど感じた既視感の正体に思い当たります。

花沢さんは、紫乃が好きで読んでいるコミックの主人公にルックスがそっくりなのです。

そっくりどころか、ほくろの位置まで一致しています。

(ちょっと待って)と紫乃はあせります。

あの漫画のヒーローにそっくりな橘さん。

主人公の女の子にそっくりな花沢さん。

と、橘さんが急に外出することになりました。

流れで紫乃が社内を案内してあげることになります。

 

紫乃と花沢さん、二人で社内を見てまわります。

話題は婚約のことに。

プロポーズは橘さんから?という質問に、「親が決めたことなの」と紫乃は答えます。

紫乃は、そのあとの花沢さんの態度がひっかかります。

花沢さんは何か考え事を始めた様子なのです。

婚約が本人の意思でないと何か変わると思ってる?

紫乃はつい、仲睦まじい婚約者アピールをしてしまいます。

が、花沢さんはにっこりわらって「お似合いですね」と応じてくれます。

良い子そのものな花沢さんの反応を前に、紫乃は自分の小ささを反省するのでした。

 

落ち込んだときは漫画で解消!

帰宅してベッドにころがった紫乃は大好きなあのコミックの続きを読みはじめます。

(主人公の女の子とヒーローが両思いで盛り上がってたのに、婚約者の電話でややこしくなっちゃったなあ……)

そんな感想を抱きながら読みすすめていくと、主人公のまえに婚約者が立ちはだかる展開に。

婚約者は見るからにイヤな感じ。

ヒーローとの仲をアピールしてきます。

そんな婚約者を前に主人公は「お似合いですね」とにっこり返事をかえします。

(待って!)

紫乃はベッドから起き上がります。

これって、まんまさっきの私じゃん!

(まずい!)

さっきの私こんな感じの悪いことしちゃったんだと、また落ち込む紫乃。

素直でかわいい後輩と、執着心でみっともなくその子をけん制する婚約者。

ヒーローがどっちを選ぶかなんて火を見るより明らかです。

(まずい!)

 

「だからつまりはそういうことなのです。最初に申し上げた通り、この物語の主人公は私ではありません」

第一話は紫乃のモノローグで幕を閉じます。

次回:きみは面倒な婚約者 2話のネタバレ>>

 

きみは面倒な婚約者 1話の感想

好きで読んでいた漫画とそっくりな状況になっていく。しかも自分が悪者で。

面白いはじまり方ですよね。

そして橘さん!

めちゃくちゃイケメンです。

一挙手一投足がホントにスマート。

ルックスもバッチリでまさにパーフェクトヒューマンなんです!

ワイン味のキスのシーンの橘さんのセクシーったらすごいですよ。

 

\きみは面倒な婚約者を試し読み/
試し読みのつづきは半額で読めるのでチェック!