『少年のアビス』ネタバレはこちら!

黙示録の四騎士【17話】最新話ネタバレ&感想!

黙示録の四騎士 17話 ネタバレ

『黙示録の四騎士』【第17話】の最新話(週刊少年マガジン 2021年26号[2021年6月2日発売]掲載分)のネタバレ&感想・考察の記事です。

\いますぐ無料で最新話が読める/
前回 今回 次回
第16話 第17話(最新話) 第18話

『黙示録の四騎士』を無料で読む方法についてお探しの方はつぎの記事をどうぞ!
全巻無料で読む方法を解説していますよ♪

黙示録の四騎士【第17話】のネタバレ&あらすじ!

イロンシッドが”常闇の棺”を使った儀式にすぐに取り掛かるぞとパーシバルたちに呼びかけるシン。

そんなシンを、疑わし気な目でアンは見ているのでした。

アンにはウソや隠しごとをしている者が黒く濁って見えるという能力があるのですが、シンの体が半分黒く濁って見えていたのです。

シンはイロンシッドとまともに戦ってはいけないとくぎを刺して四人を送り出します。

 

イロンシッドの元へと走る四人。

ナシエンスとドニーは、さきほどパーシバルがアンを救うためにイロンシッドの前に躍り出たことをはやしたてます。

べつに頼んでなんていないとつよがりますが、それでもきちんとお礼の言葉を口にするアン。

アンと他の三人の心の距離が少し縮まったようです。

イロンシッドがどうして案の家にいたのか?とパーシバルが尋ねます。

昔父が知り合いだったみたいとアンは返事をして、逆にパーシバル達はイロンシッドとどういう関係なのかと尋ねます。

パーシバルが自分のじいじの仇なのだと答えます。

アンは、じいじを殺されたパーシバルを思いやって一緒に怒ってくれます。

次いで、イロンシッドの息子とお見合いをさせられそうになったことを口にするアンですが、あんな奴の息子なんてロクでもないに決まってると口にします。

アンはパーシバルがイロンシッドの息子だということを知りません。

パーシバルがどんな顔をしているのか、ナシエンスやドニーのいる場所からでは伺うことができないのでした。

 

”常闇の棺”が宙に浮きエネルギーを放ちながら輝いています。

イロンシッドはなにやら呪文のようなものを唱えながら儀式を着々と進めているようです。

すると、黒いヘドロのようなものが街中に解き放たれていきました。

黒いヘドロは街中に降り注ぎ、ヘドロをかぶったレンガや木が化物になって住人たちを襲います。

イロンシッドはそばに控えていたダラクという使い魔に、化物たちの指揮を任せます。

 

化物たちが暴れる様子をパーシバル達も目撃します。

ナシエンスやドニーは待ちの人たちを助けに行かなければならないと慌てた様子ですが、町の人たちはシンがなんとかしてくれるとパーシバルが力強く呼びかけます。

アンはウソや隠しごとを見破る能力のことを説明して、さっきシンの体が黒く濁って見えたことを口にします。

それでも心を信じられるのか?と尋ねるアン。

パーシバルはそんなアンの目をまっすぐにみつめながら「信じる」と答えます。

パーシバルが信じるというのなら自分も信じるというドニーやナシエンス。

お人好しな連中といいますが、それでもアンはパーシバルの判断を尊重するのでした。

 

四人が街に踏み込みます。

アンの父親が気を失って倒れていました。

何の用だ?とイロンシッドの声がします。

儀式をやめろとパーシバルが返事をします。

静かな語り口で「儀式を”やめろ”?なんて言葉づかいだ?」と話すイロンシッドですが魔力を解放したようです。

解放された魔力の圧力に、ドニー・ナシエンス・アンの三人は気圧されてしまいます。

ただパーシバルだけがイロンシッドにとびかかっていきました。

「やめろ」とハッキリ口にしながら魔力でかたどった巨大な手でイロンシッドを取り押さえようとします。

しかし、パーシバルの魔力を、たった2本の指でしのいでしまうイロンシッドなのでした。

黙示録の四騎士の最新話を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT 少年マガジン 0526

 

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ週刊少年マガジンの最新号を無料で読むことができますよ♪

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

\いますぐ無料で最新話が読める/

31日間の無料トライアル期間内に解約すれば完全無料

黙示録の四騎士【第17話】の感想&考察!

イロンシッドとパーシバルの関係について、切ないシーンがありましたね。

イロンシッドとの関係をアンに尋ねられて,じいじの仇だとパーシバルが答えるという場面がありました。

アンはパーシバルに同調する形で怒ってくれました。

そのあとイロンシッドは息子とアンをお見合いさせたがっていたと口にするアンですが、あんな奴の息子はろくでもないに決まっていると言い捨てます。

アンは、イロンシッドとパーシバルが親子であることを知りません。

ナシエンスやドニーはパーシバルのことを気遣うのですが、二人のいる場所からではパーシバルがどんな顔をしているのか見えないのでした。

このとき、パーシバルはどんなことを思っていたんでしょうね。

じいじの仇とはいってもイロンシッドは実の父。

朗らかな性格をしているパーシバルですが、胸中複雑な思いを抱えていると思うんですよね。

「あんな奴の息子なんてろくでもないに決まっている」と口にしたアン。

何気なく言った一言だと思うのですが、パーシバルの微妙なところを突いたシーンだったと思います。

 

それともう一つ。

アンのウソを見破る能力が思いがけない方向に機能していましたね。

シンは隠しごとをしているようです。

なにかとパーシバルを気にかけてくれるシンですが、なにか企んでいるのでしょうか?

まとめ

『黙示録の四騎士』第17話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

次回の『黙示録の四騎士』第18話は、週刊少年マガジン27号(6月2日発売)に掲載する予定です。

ノーリスクで読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。