『少年のアビス』ネタバレはこちら!

推しの子【第42話】ネタバレ&感想・考察!

推しの子 ネタバレ 42話

\いますぐ無料で最新話が読める/

『推しの子』【第42話】の最新話(週刊ヤングジャンプ 2021年23号[2021年5月6日発売]掲載分)のネタバレ&感想・考察の記事です。

前回 今回 次回
第41話 第42話(最新話) 第43話

 

推しの子【第42話】のネタバレ&あらすじ!

顔合わせが済んで参加者たちで雑談が始まります。

アクアはあかねから話しかけられました。

世間からは『今ガチ』をとおしてつきあっている仲になっている設定の二人ですので、普段からアリバイ作りのために会ってはいたのですが、それでも仕事の現場でアクアと会えることがあかねには楽しみだったようです。

あかねは元々舞台女優。

『東京ブレイド』では共通の出番もおおいみたいなので、わからないところは頼ってねとあかねが話します。

そんなアクアとあかねが仲よさそうに話しているのをおもしろくなさそうに、有馬かながじっとりした目で眺めています。

有馬の気など知りもしないで、アクアとあかねってつきあってるんだっけ?と鳴島メルトが話しかけてきました。

『今ガチ』での仕事上の付き合いに決まってると決めつけますが、仲が良さそうなのは認める有馬。

『今日あま』のときとちがって毒舌な有馬にメルトは驚いた様子。

これが本来の自分だと有馬が話すと『今日あま』のときも気を遣わなくてよかったのにとメルトが答えます。

もっとガシガシ言ってくれれば、『今日あま』でもっと結果を残せていたかもしれないと言いかけて、それが言い訳だとメルトは気づきます。

『東京ブレイド』での演技をみててくれとメルとは有馬に告げるのでした。

 

さて『東京ブレイド』の内容は、簡単にいってしまうと渋谷チームと新宿チームの争いという構図になっているようです。

アクアが有馬と共演するのは劇の終盤だけのようです。

有馬との仲をあかねが気にかけます。

饗宴シーンが少なくて残念だったねとあかねが声をかけると、有馬は演技のことになるとうるさくてかなわないから出番がズレていて幸いだったとアクアが毒舌交じりに応えます。

演技に情熱がないのかという話になります。

アクアは自分には演技への情熱は無いと考えているのでした。

自分はただアイを殺した父を追うために演技をしているに過ぎなくて、いまは父のヒントを握っていると思われる劇団ララライの代表・金田一に接近することが目的だと割り切っているのでした。

本読みが始まるようです。

行こう、とアクアがあかねに声をかけます。

あかねはすでに役に入り込んでいるようです。

普段と雰囲気がまるでちがいます。

 

プロデューサーの雷田と、ララライの代表兼総合演出の金田一が参加者たちを品評しています。

ララライや有馬かなが演技ができるのは当然のこととして、メルトやアクアの評価も上々のようです。

雷田は、有馬とあかねの天才対決に興味があるようです。

みたところあかねが一歩リードしているようだけど、と雷田がはなすと、わからんよウチには姫川がいるからね、と金田一が応じます。

ララライの看板役者である姫川がセリフを読み上げます。

それだけで『東京ブレイド』のワンシーンが眼前に浮かび上がるほどの実力なのでした。

姫川が有馬に、遠慮しなくてもいいと声をかけます。

有馬は力をセーブしていたのでしょうか。

姫川と有馬のセリフの応酬に他の参加者たちは気後れを感じたようです。

それほど有馬が隠していた実力というのは大きかったのです。

アクアはそんな有馬を目の当たりにして驚いているのでした。

 

本読みが終わって、姫川が有馬を食事に誘います。

自分も聞きたいことが山ほどあると言って姫川の誘いに乗る有馬。

有馬はメルトに一緒に来なさいと声をかけます。

あかねは有馬の演技に度肝を抜かれたようでした。

あかねから余裕が消えているのを金田一が眺めています。

ララライはこのところ停滞していたから、カンフル剤になるかと思って『東京ブレイド』の話を受けたのだと雷田に話しています。

姫川と有馬の応酬を見せつけられてしまったら、どう戦っていくのか考えてしまうのが役者だと金田一は言います。

金田一の言う通り、焚きつけられてしまったあかねですが、そんなあかねと同じようにアクアもまた燃える何かを受け取ってしまったようなのでした。

推しの子【第43話】ネタバレ&感想・考察!

推しの子の最新話を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT ヤングジャンプ 5/6号

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ週刊ヤングジャンプの最新号を無料で読むことができますよ♪

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

推しの子【第42話】の感想&考察!

いつもイジられ役で、ちょっと天然なところもある有馬かなですが、隠していた演技の実力は相当なものだったようです。

本読みをする有馬の姿は他の参加者たちをたきつけたようです。

そしてそんな有馬の実力を引き出したのがララライの看板役者でもある姫川でした。

『東京ブレイド』は渋谷チームと新宿チームが争うという内容です。

アクアやあかねは渋谷チーム。

有馬と姫川が新宿チーム。

演技での戦いという風にみると、アクアやあかねが、実力者である有馬・姫川コンビに立ち向かっていくという構図になります。

アクアをめぐって、あかねvs有馬という構図ができていますので、姫川に立ち向かうのがアクアという形になってくるのでしょうか。

今後、どのような展開になるのか非常に楽しみですね。

まとめ

『推しの子』第42話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

次回の『推しの子』第43話は、週刊ヤングジャンプ24号(5月13日発売)に掲載する予定です。

ノーリスクで読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。