『少年のアビス』ネタバレはこちら!

推しの子【第44話】ネタバレ&感想・考察!

推しの子 ネタバレ 44話

『推しの子』【第44話】の最新話(週刊ヤングジャンプ 2021年25号[2021年5月20日発売]掲載分)のネタバレ&感想・考察の記事です。

\いますぐ無料で最新話が読める/
前回 今回 次回
第43話 第44話(最新話) 第45話

 

推しの子【44第話】のネタバレ&あらすじ!

「今日あま」の作者である吉祥寺が居酒屋の店員にお会計をお願いしますと声をあげています。

「東京ブレイド」の作者の鮫島がお礼を言います。

二件目行きましょと浮かれる吉祥寺ですが、歯みがきをしても良いですか?と鮫島が尋ねます。

何か食べるとすぐに歯を磨かないと気持ち悪いというクセが鮫島に会ったことを吉祥寺は思い出します。

鮫島は変わり者が多い漫画業界の中でもとくにクセがつよい人物なのでした。

まんがは最悪ひとりでも描くことができてしまうものですが、メディア化となると多くの人と関わることになりますのでコミュニケーション能力が必要になってくるのですが……。

吉祥寺もトイレに行くことにします。

洗面所で鮫島が歯を磨いています。

歯を磨くのは良いのですが、二本の歯ブラシを両手でガシガシと歯を磨いています。

何してるの?と吉祥寺が問いかけると、二本使ったほうが早く磨けて吉祥寺を待たせることもないと考えたとのこと。

その様子をみて、吉祥寺は「東京ブレイド」の劇、もめないといいなぁと考えるのでした。

 

「東京ブレイド」の稽古場。

脚本家のGOAが演出家の金田一に挨拶をしています。

その様子を遠目に眺めていた黒川あかねは、GOAに聞きたいことがある様子。

聞きたいことがあるんなら聞けばいいじゃないかとアクアが気軽に話しかけますが、演技の指導は演出家から受けるもの。

演劇の世界には指揮系統があるのだといってあかねは遠慮気味です。

アクアはあかねの言っていることを、ふーんと聞き流し、金田一・GOAに話しかけます。

ちょっと!と遠慮気味なアカネをしり目にどんどん話を進めるアクア。

二人に聞けばスジがとおるだろ?というのがアクアの言い分のようです。

あかねが聞きたいことがあるようなんですが、とアクアが金田一とGOAにたずねます。

いいよ、言ってみなと金田一が応じます。

原作では人を殺すことに葛藤を感じているキャラクターであった鞘姫が、脚本では好戦的な性格にかわっているという疑問をぶつけるあかね。

GOAの回答は、鞘姫の葛藤を表現するには演劇だと尺を食いすぎるというものでした。

金田一も、GOAに同調します。

と言っても役を演じるのはあかねなのだから今からでも直すよ?というGOAに対して、役者を甘やかすなと金田一が厳しい一言をぶつけます。

鞘姫の葛藤を演劇に盛り込んでしまうとノイズになってしまう。この劇に置いてあかねに求められているのは、鞘姫という役者の感情を表現することではなくて、人物たちの対立をわかりやすく提示することではないか?というのが金田一の意見です。

これに、あかねは納得を得たようです。

そうこうしていると、吉祥寺に連れられて鮫島が稽古場に入ってきました。

吉祥寺は「今日あま」のドラマに出演した面々とあいさつを交わします。

有馬かなとはうれしそうに挨拶を交わします。

アクアのことも覚えてくれていたようで、好意的に挨拶をしてくれました。

鳴島メルトが吉祥寺に挨拶をしますが、冷たくあしらわれます。

吉祥寺は「今日あま」でめちゃくちゃやってくれた鳴島のことをよく思っていないようでした。

あかねが鮫島に挨拶します。

鮫島は一瞬にして吉祥寺の背後に隠れてしまいます。

ちゃんと挨拶してと声をかける吉祥寺に、ムリ…と応じる鮫島。

イケメンと美少女は目を合わせただけでテンパるというのが鮫島のいい分でした。

その後鮫島は、稽古の様子をキラキラした目で眺めているのでした。

みんな演技が上手で「東京ブレイド」はきっといい劇になると思うと感想を口にします。

その様子を横で見ていた吉祥寺は、安心しているのでした。

これならきっとうまくいく……そう考える吉祥寺のとなりで鮫島が「だからこそ私がいわなきゃですよね…」とつぶやきます。

吉祥寺の体がこわばります。

脚本手いまからでも直してもらえるものなんですか?と鮫島がプロデューサーの雷田に声をかけます。

もちろんですが、どのあたりを?と尋ねる雷田に、「全部」と答える鮫島なのでした。

推しの子の最新話を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT ヤングジャンプ 0520

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ週刊ヤングジャンプの最新号を無料で読むことができますよ♪

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

\いますぐ無料で最新話が読める/

推しの子【第43話】の感想&考察!

「東京ブレイド」作者の鮫島はそうとうクセの強い人物のようです。

コミュニケーション能力が求められるメディア化において、鮫島の個性がどう影響してくるのか気になっていたところですが、さっそく脚本の全直しを要求。

脚本は劇の入り口ですから、すべての作業がやり直しになってしまいます。

脚本が替われば演出プランも変わりますし、そうすると稽古を積んでいる役者たちもやり直しです。

黒川あかねが鞘姫の性格に疑問を感じているようでしたが、それ以上の事態となってしまいましたね。

一体どうなってしまうんでしょうか。

まとめ

『推しの子』第44話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

次回の『推しの子』第45話は、週刊ヤングジャンプ26号(5月27日発売)に掲載する予定です。

ノーリスクで読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。