『少年のアビス』ネタバレはこちら!

戦隊大失格【12話】ネタバレ&感想!

ネタバレ 感想

『戦隊大失格』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ:戦隊大失格 ネタバレまとめ>>

戦隊大失格の12話を読んだのでネタバレと感想をまとめました!

前回の話をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ。

文章のネタバレじゃなくて絵付きで読みたいということであれば今すぐ『戦隊大失格』を読めますよ!

マンガ好きには
まんが王国がオススメ!


  • 1冊どころじゃない!無料で読むことができるマンガが何冊も。
  • こっそり読みたい漫画だって充実してます

戦隊大失格【12話】ネタバレ

桜間の作戦は、戦闘員Dと入れ替わることでした。

碧流を混乱させて神具を奪い取るという作戦です。

 

しかし碧流は彼らが入れ替わってくるという可能性を考慮していました。

桜間と戦闘員Dが組んでいるという可能性。

くわえて戦闘員Dの変装能力。

この二つを合わせて考えれば二人が入れ替わっている可能性が浮かび上がります。

そしてこの状況が面倒くさくなってしまいます。

面倒だから二人とも殺してしまおう。

 

桜間は碧流がそのように考えることも計算に入れていました。

本部へ応援要請を出したことを匂わせます。

碧流は人目を異様に気にする性格をしています。

たかが戦闘員を相手にするために隊員の犠牲を出したなんて知られたくないはず。

そしてその狙いは当たりました。

人質にとられている桜間が本部へ応援要請を出したことを聞かされて碧流は神具を捨てたのです。

神具を捨てるから人質を解放しろと碧流が言います。

こんなにあっさり……というのが戦闘員Dの感想です。

 

碧流から見て人質にとられていた桜間が解放されました。

その瞬間、碧流は桜間の後ろにいる戦闘員に溶解液を飛ばします。

溶解液を顔に浴びせられて、変装が解けてしまいます。

碧流はまだ気がぬけません。

神具に向かって走る桜間が敵なのかどうか判別つかないためです。

碧流は溶解液を浴びせた戦闘員の顔を確認します。

変装が解けて露わになった顔は、桜間!

二人の共謀が確定します。

これで二人とも殺してしまうことができると、碧流が神具を回収するべく走ります。

すると背中に衝撃が。

刺されました。

戦闘員Dの腕が刃物ごと飛んできたのです。

しかし目の前の戦闘員Dだとおもっていた方(桜間の格好をしている方)には両手がそろっています。

じゃあこれは誰の腕?

よくみると溶解液を顔に受けた方(戦闘員の格好をしている方)の腕がありません。

入れ替わりは無かったと碧流は考えます。

顔に溶解液を浴びた瞬間に桜間の顔に変装したのだと。

とすれば、逃げてきた桜間は味方のはず。

しかし、です。

味方だとおもった桜間が神具を拾って不気味に笑います。

殺られる……!

碧流は顔をそむけます。

しかし桜間は戦闘員の首をはねました。

 

事前の打ち合わせで桜間は戦闘員に伝えてありました。

神具を手にしたら、自分を殺すようにと。

ただ本当に殺すわけではありません。

頭のダミーを作って、あたかも首をはねたかのように偽装します。

そのあと崖から突き落としてしまえば、戦闘員を始末したかのように見せかけることができます。

桜間の最終目的は戦闘員Dが桜間に変装したまま戦隊にのこり、自分は野に下ることだったのです。

この作戦を遂行するために、桜間は自分の腕を切り落としたのでした。

先ほど碧流の背中に刃物を突き刺したのは戦闘員Dの腕にまちがいありません。

そのあと碧流は桜間の格好をした者に両腕がそろっていることを確認しています。

これは切り落とした桜間の腕をつかって両腕がそろっているかのように見せかけていたのです。

入れ替わり作戦を渋る戦闘員Dを説得するために、桜間は自分の腕を切り落としたのでした。

腕のない姿をみせることができれば作戦の成功確率が上がるかもしれないと言って。

 

碧流は入れ替わり作戦に気づくことなく、戦闘員を始末することができたと思い込んでくれました。

一方で桜間は組織を正すことを胸に期して、一人森の奥へと消えていくのでした。

必ず姉さんを助けると呟きながら。

 

 

戦隊大失格 ネタバレ 13話戦隊大失格【第13話】最新話ネタバレ&感想!

『戦隊大失格』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ:戦隊大失格 ネタバレまとめ>>

戦隊大失格【12話】の感想

読んでいてややこしかったのではないかと思います。

桜間と戦闘員Dは入れ替わっていて、ん?でもここでは入れ替わっていなくて……ん?ん?という感じで。

絵付きで読むとスッと理解できるんですが文字だと説明しづらくて。スイマセン。

さて、桜間は大戦隊を正すためだといって一人離れていきました。

腕を切り落とすほどです。

相当な覚悟ですよね。

いつの日か成就するといいのですが。

 

 

 

\戦隊大失格を試し読み/
試し読みのつづきは半額なのでチェック!