『少年のアビス』ネタバレはこちら!

少年のアビス【14話】ネタバレと感想!

ネタバレ 感想

『少年のアビス』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ:漫画「少年のアビス」ネタバレ&あらすじまとめ>>

少年のアビスの14話を読んだのでネタバレと感想をまとめました!

前回の話をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ。
ネタバレ 感想少年のアビス【13話】ネタバレと感想!

文章のネタバレじゃなくて絵付きで読みたいということであれば今すぐ『少年のアビス』を読めますよ!

\いますぐ無料で試し読み/
試し読みのつづきは半額なのでチェック!

少年のアビス【14話】のネタバレ!

表紙が気に入って手に取った小説が似非森浩作の作品でした。

14歳のチャコはその内容の激しさに戸惑うものの、小説を読んでいるときはつまらない田舎の暮らしから解放されるような気分がするのでした。

今、店番をしているチャコの目の前に似非森浩作がいます。

ヤバイヤバイヤバイ!似非森浩作がうちの店にいる!とチャコは興奮しています。

似非森浩作の一挙手一投足に感激しています。

買いものをすませて似非森浩作が店から去っていきます。

チャコはその背中に向かって話しかけたい気持ちでいっぱいです。

しかし勇気が出ずに結局声をかけることはできませんでした。

大学生になったら本気でダイエットをして、垢ぬけた都会の女になって、バリバリキャリアを積んだ敏腕編集者として先生の前に姿を現したい。

こんな田舎の小太りの女子高生として自分を認識されたくない。

チャコはそんなことを考えます。

すると、店に来ていた客から話しかけられます。

東京の大学を受けるんだって?いいお婿さんみつけてきてこの商店街を盛り上げないといけないねとその客は言います。

チャコにそんなつもりはありません。

こんな田舎に一生を捧げるつもりはありません。

拒否感からチャコは店を飛び出してしまいます。

めくらめっぽうに走っていると、似非森の背中が見えました。

この時、チャコは似非森に声をかけることができました。

似非森が振り返ります。

「春の棺」が映画化するらしいがロケハンに来たのかとチャコが質問します。

似非森は指に挟んでいたタバコを吸って間を置きます。

自分の小説の読者なの?と似非森が質問します。

中学生に自分の本は早いんじゃないの?と言われてしまいます。

自分は高校生だとチャコが反論します。

ただ初めて読んだときは中学生だったとチャコが付け加えると、おませさんだねと似非森が笑いました。

チャコは赤面します。

似非森はまた笑って軽く謝ります。

ロケハンではなくて、自分はこの町の出身であることを話しました。

似非森がこの町の出身であることに感激しているとチャコは炉端に生えていた彼岸花に目を留めます。

その様子に似非森も気が付きます。

これからこの花がたくさん咲くねと話しかけますがチャコの反応は芳しくありません。

彼岸花は好きじゃないとチャコが伝えます。

嫌でも目に入る花の赤さが、またこの町で一年を過ごしてしまったということを意識させるから好きじゃないのだとチャコは説明します。

その様子を目を細めながら興味深そうに似非森が観察しています。

チャコは思い切って夢を伝えます。

これから早稲田を受けて編集者になって先生に書いてもらうのだと。

似非森がまた間をおきます。

チャコが不安になっていると、似非森は身をかがめて彼岸花を摘み取りました。

その花をチャコに捧げて、いつかといわず今から自分の編集になってくれないかと似非森が口にします。

チャコはとろんとした目つきでその花を受け取ります。

かつて令児がチャコに聞いたことがありました。

この似非森って言う人、どんな人?

チャコはこう答えました。

実際に会わないほうがいい人だと。

 

ネタバレ 感想少年のアビス【15話】ネタバレと感想!

『少年のアビス』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ: 漫画「少年のアビス」ネタバレ&あらすじまとめ>>

少年のアビス【14話】の感想!

チャコもまた令児や由里と同じくこの町に閉塞感を感じている人物でした。

実家である店に縛り付けられるのが嫌で東京の学校を受験したいと望んでいました。

チャコにはもう一つ夢があって、編集者になって似非森浩作の担当になることがそれです。

大学を受験してこの町から出ていくまであと一年。

長すぎて牢獄のような時間だとチャコは感じていました。

そんな折、憧れの似非森に出会います。

似非森は出会ったばかりの女子高生をなんでもないことのように口説ける人物でした。

チャコ自身、この人はクズだと認識しています。

それでもチャコは似非森に惹かれてしまうようです。

なぜなんでしょうね。

 

\いますぐ無料で試し読み/
試し読みのつづきは半額なのでチェック!