『少年のアビス』ネタバレはこちら!

少年のアビス【18話】ネタバレと感想!

ネタバレ 感想

『少年のアビス』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ:漫画「少年のアビス」ネタバレ&あらすじまとめ>>

少年のアビスの18話を読んだのでネタバレと感想をまとめました!

前回の話をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ。
ネタバレ 感想少年のアビス【17話】ネタバレと感想!

文章のネタバレじゃなくて絵付きで読みたいということであれば今すぐ『少年のアビス』を読めますよ!

マンガ好きには
まんが王国がオススメ!

少年のアビス【18話】のネタバレ!

おみやげだと言って似非森はナギにベタという熱帯魚を買ってきました。

ベタという熱帯魚はきれいな水の中で一匹でしか飼うことができません。

似非森は、綺麗でひとりぼっちなところが君にそっくりだとナギに言います。

 

進路指導室。

由里が令児に部屋の合いかぎを渡します。

これがあればいつでも逃げてこれるからとのこと。

机の上に置かれたカギを眺めながら令児はありがとうございますとポツリつぶやきます。

これから令児がこの町を出ていくために、たくさんのことを話し合わないといけないねと由里が口にします。

あれから母親の様子に変化はあったか?と由里が質問します。

いつもどおりだと令児が答えます。

いつもどおりというのは、哀れで放っておくことができない感じかと由里が質問します。

令児は答えません。

由里は席を立ち、令児を後ろ側から抱きしめます。

これからお母さんは令児のことを懐柔しつづけるが、この町から出るためには負けてはいけないことを由里が耳元でささやきます。

学校が終わった後ウチに来るかと質問して令児にキスをします。

令児は新月の日はもう過ぎたか?と由里に聞きました。

さあ?どうして?と由里が聞き返します。

新月の次の日に会おうって友だちと約束してるんですと令児が答えます。

由里はそんな令児をすこし疑ります。

本当に友達?とたずねて新月についてスマホで調べる由里に、小学校からの友達だと令児が答えます。

新月はその日の夜でした。

 

土手でチャコが彼岸花をながめています。

この場所でチャコは似非森と話をしたのでした。

彼岸花は好きじゃないとその時は話していたのですが、今のチャコは嬉しそうに彼岸花を眺めています。

チャコは似非森との会話を思い出します。

名前を聞かれたのでした。

チャコと答えました。

店の名前が秋山茶舗であるということと、昔から太っていたためにぽちゃこと呼ばれていたことから、いつのまにかチャコと呼ばれるようになったのだとチャコは説明します。

本名よりはマシだとチャコが付け加えます。

似非森は本名を質問しました。

朔子(さくこ)とチャコがつぶやきます。

朔という字は新月を意味します。

真っ暗で可愛くなくて古くさい。

だから朔子という名前が嫌なのだとチャコは説明します。

似非森はつぎの新月の夜またここで会おうと言いました。

いま、チャコはその場所で似非森を待っています。

暗い夜道、タバコを片手に似非森があらわれます。

チャコの顔が輝きます。

いっしょに歩きだしてから、これからどこへ向かうのかとチャコが質問します。

僕の家と似非森は答えました。

チャコが身構えます。

嫌か?と似非森がききます。

行っても良いのかとチャコは間を稼ぎます。

歓迎するが奥さんのいるマンションじゃなくて実家の執筆部屋をみせてあげると似非森がいいます。

奥さんがいるときいてチャコはホッとします。

内心、ホッとした自分をいさめます。

先生が自分みたいな子豚を女として見るはずがないじゃないか。

身の程を知れよと。

似非森は離婚していたのでした。

また結婚したのかということをチャコは質問します。

性懲りもなくやってしまったと似非森が笑います。

よっぽど素敵な人だったんですねとチャコがきくと、寂しい人だよ空っぽでと似非森が答えます。

その答え方にチャコは胸を締め付けられます。

エモくて小説の世界のようだったのです。

そうこうしているうちに似非森の言う実家に到着します。

古い日本家屋で、中は少し荒れています。

散らかっているし、障子は破れたままです。

母さんただいまと似非森が呼びかけますが、返事はありません。

もう寝ちゃったかなと言って、さあ入ってとチャコを招き入れます。

似非森の部屋は他の部屋とは違って小ぎれいに片付けられていました。

もともとは妻とここに越してくる予定だったけど、母が嫌がったために妻はマンション暮らしなんだと似非森が説明します。

妻は介護なんかの勉強もしてはりきっていたから申し訳ないんだよ、と。

チャコは似非森の小説の感想文を取り出します。

これが投稿サイトに書いている感想文です、読んでもらえますか?とチャコが言うと、その辺に置いといてといって似非森はベッドに腰掛けます。

おいで、朔子。

ベッドから似非森がチャコを呼びます。

チャコは朔子という名前の響きが案外いい響きだなと思うのでした。

 

ネタバレ 感想少年のアビス【19話】ネタバレと感想!

『少年のアビス』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ: 漫画「少年のアビス」ネタバレ&あらすじまとめ>>

少年のアビス【18話】の感想!

チャコが似非森の部屋に。

似非森は部屋に入るなりいきなりベッドに誘いましたね。手慣れている感じがしました。

そして、チャコです。朔子というのが本名ですが、もともとは朔子という名前が好きではないと言っていました。

それが、ベッドに腰掛けた似非森から朔子とよばれて、名前の響きを悪くないと感じています。

どう考えてもバッドエンドな方向に向かってる気がします。

似非森のことをリアル出会っちゃいけないクズだといっていたんですけどね。

どうなってしまうんでしょうね。

\いますぐ無料で試し読み/
試し読みのつづきは半額なのでチェック!