『少年のアビス』ネタバレはこちら!

少年のアビス【24話】ネタバレと感想!

ネタバレ 感想

『少年のアビス』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ:漫画「少年のアビス」ネタバレ&あらすじまとめ>>

少年のアビスの24話を読んだのでネタバレと感想をまとめました!

前回の話をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ。
ネタバレ 感想少年のアビス【23話】ネタバレと感想!

文章のネタバレじゃなくて絵付きで読みたいということであれば今すぐ『少年のアビス』を読めますよ!

マンガ好きには
まんが王国がオススメ!


  • 1冊どころじゃない!無料で読むことができるマンガが何冊も。
  • こっそり読みたい漫画だって充実してます
  • Twitterアカウントで今すぐログイン可能。

少年のアビス【24話】のネタバレ!

ナギが部屋に令児を招き入れます。

ナギはブラをつけていないようでした。

シャツに突起したものを目にして令児はうろたえます。

エッチしたのに何をいまさらとナギが笑います。

令児は話をはぐらかそうと、似非森は居ないのか確認します。

大丈夫だとナギは答えますが、前は帰ってきたよねと令児がいいます。

この頃は全然帰ってきていないよとナギが答えます。

明かりのついているリビングから、暗いベッドルームへナギは移動します。

ベッドに腰掛け、タバコに火をつけると、ライターの光にナギの顔が照らされます。

どうする?とナギが令児に尋ねます。

また心中しに行くのかと訊いているのです。

令児もベッドルームへ足を踏み入れます。

あの心中をしようとした夜、邪魔をしてきた先生の家に行ったことを令児が説明し始めます。

この町を出ていく援助をしてくれることになった。

だから幼馴染と東京へ向かうことにしたのだと令児が話すと、それを言いに来たのかとナギが尋ねます。

”告解”だと令児がつぶやきます。

ナギは黙って令児の話の続きを待ちます。

令児はナギの脚にすがりつきます。

幼馴染は夢をかなえるために努力して東京へ行こうとしている。

かたや自分はこの町から逃げるために、援助してくれる先生とセックスをすることで、東京行きを実現しようとしている。

そんな自分への嫌悪感を令児は告白します。

するとナギは令児の頭をなでて、その幼馴染のことが好きなんだねと口にします。

令児の話は続きます。

令児はチャコのことを希望にしていたのでした。

自分はこの町で希望もなくただ生きていくしかないかもしれないけど、チャコがこの町から出て行って輝きながら生きていくことができるのなら、この世界もそんなにクソではないなって思えるような気がしていたと令児は告白します。

アイドルのファンの心理だねとナギが答えます。

チャコが似非森と会ったことを令児が口にします。

家に連れ込まれて誘惑されて、でも逃げて帰ってきたようだと話すとナギは令児の顔に目をやりました。

令児はナギをまっすぐ見返しながら、チャコは自分が守ると宣言します。

だから自分はナギとは死ぬことができないと言葉を付け加えました。

そこから似非森について話が映ります。

似非森は一体何を考えているのか。

ナギが似非森について口を開きます。

仕事の関係で似非森と出会ったときに、キミはアイドルに向いていないねと言われたとのこと。

そのあとで、アイドルには向いていないから僕と結婚しなさいと言われた。

だから結婚した。

ナギは淡々と話します。

ナギには生きている理由が無いようでした。

僕と結婚しなさいと言われたからナギは似非森と結婚したとのこと。

ナギは似非森とセックスをしたことが無いのだと言います。

だからチャコも、令児が心配するそういうことは大丈夫なんじゃないかとナギは言います。

しかし令児は不安です。

似非森の狙いが何なのかがわからずますます恐ろしさが増すと口に出します。

心中した日の次の朝、似非森が自転車を届けに来たことを話します。

似非森は母の同級生のようだったと令児が話します。

タバコを持つナギの手がピクリと反応します。

さらに、母から似非森が悪い男だから近づくなと言われたことを伝えます。

するとナギはこれまで見たこともないような表情をつくって令児を見据えるのでした。

 

『少年のアビス』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ: 漫画「少年のアビス」ネタバレ&あらすじまとめ>>

少年のアビス【24話】の感想!

似非森は母の同級生だったと知らされたときのナギの表情が印象的でした。

ナギはどのシーンでも落ち着いていて特に表情を崩すようなキャラクターではなかっただけに、なぜ似非森と令児の母の関係を知らされることでこのような反応を示したのかがとても気になります。

それはさておいて、令児はナギの家を訪れて、チャコは自分が守るとナギに宣言をしましたね。

ここどういう心境でナギの家を訪ねたんでしょう。

似非森がいるかどうかというのは、家を訪ねるまで分からなかったわけですよね。

すると似非森がいる可能性を考えに入れたうえで、家に向かったんじゃないかなと思ったんです。

結果的に似非森は家にいなかったわけですが、もしも家にいた場合、令児はどう振舞うつもりだったんでしょうか。

チャコは自分が守ると似非森に宣言するつもりだったんでしょうか。

狭い町ですので、これからも似非森と遭遇する可能性はあるはずで。

令児が似非森に対してどのような態度に出るのかが気になりました。

\いますぐ無料で試し読み/
試し読みのつづきは半額なのでチェック!