『少年のアビス』ネタバレはこちら!

少年のアビス【26話】ネタバレと感想!

ネタバレ 感想

『少年のアビス』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ:漫画「少年のアビス」ネタバレ&あらすじまとめ>>

少年のアビスの26話を読んだのでネタバレと感想をまとめました!

前回の話をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ。
ネタバレ 感想少年のアビス【25話】ネタバレと感想!

文章のネタバレじゃなくて絵付きで読みたいということであれば今すぐ『少年のアビス』を読めますよ!

マンガ好きには
まんが王国がオススメ!


  • 1冊どころじゃない!無料で読むことができるマンガが何冊も。
  • こっそり読みたい漫画だって充実してます
  • Twitterアカウントで今すぐログイン可能。

少年のアビス【26話】のネタバレ!

令児が自転車で走ります。

早い時間です。

明るいですが見通しはよくありません。

濃い霧が街を覆っているためです。

ブレーキをかけて令児が自転車をとめます。

ナギが建物の前で待っていました。

あいさつを交わします。

上流の方はもっと霧が濃いかもしれないと令児が口にします。

ナギを自転車の後ろに乗せて走り出します。

情死ヶ淵ってどんなところだろうとナギがつぶやきました。

 

道すがら、「春の棺」を呼んだことをナギに話します。

ナギから聞いていた通り面白くはなかったというのが令児の感想でした。

ほかにはエロいことばかり書いてあったので驚いたと口にすると、その理由をナギから尋ねられます。

チャコが似非森のファンだったからだと令児は説明します。

チャコはエロとはかけ離れたキャラクターをしているだけにそんな小説を好んで読んでいたことが意外だったのです。

そうナギに伝えると、令児の中ではそういうキャラになっているというだけの話でしょと突っ込まれます。

滑り台のうえでナギとキスをしたことを思い出して、そうですねと令児がつぶやきます。

 

上り坂に差し掛かります。

降りようかと提案するナギに大丈夫ですと答えて、一生懸命にペダルを踏みます。

すると鳥居が見つかりました。

「春の棺」には「溝沢神社の少し手前」に情死ヶ淵があると記載されていました。

しかし地図アプリで探してみても溝沢神社は見つかりませんでした。

二人、鳥居にかけられた看板の文字を読みます。

かすれていますが、「溝沢」と読めなくもありません。

すると、ここからすこし下った場所が情死ヶ淵ということになります。

 

自転車を降りて少し歩きます。

情死ヶ淵と思われるポイントにたどり着きました。

情死ヶ淵は整備されてしまっていました。

綺麗に舗装がされていて、情緒は全くありません。

何年か前に大雨で氾濫したので工事をしたようです。

思っていたのとちがったというのが令児の印象でした。

いま立っている場所のあたりで死体が見つかったのなら、心中した人たちが飛び込んだのはもっと上流かもしれないねとナギが話しかけます。

上流へいくかと令児が尋ねますが、ナギはかまわないと答えます。

土手に腰掛ける二人。

地面についていた手にナギが小指を絡めてきました。

令児はそれに応えるように、自分の手でナギの手を包み込みます。

どうして情死ヶ淵で心中をしようと思ったのかという話に話題が移ります。

令児がこの町から出ていきたそうだったからだとナギが答えました。

川で死ねば、やがて流れてこの町を出ていけるかもしれないとナギは考えたそうです。

風が吹きます。

自分の中でナギの存在が大きくなったことを令児は自覚します。

小学校三年生まで海を見たことが無かったと令児が話しだします。

海をみにいってから、令児は毎日のように笹で舟をつくって川に流しました。

舟がこの町を流れ出て、やがて海にたどり着けばいいのになという思いからそうしたのだと令児は説明します。

情死ヶ淵伝説で心中した二人も、もしかするとこの町から流れ出ていきたかったのかもしれないと話します。

 

帰り道。

自転車に乗りながら似非森の心中について話します。

ナギは情死ヶ淵で死にたがっているんだと考えていたと令児が口にします。

似非森がかつて情死ヶ淵で心中未遂をしたことをチャコから聞いていたためそう思ったのです。

似非森は情死ヶ淵で心中未遂をしました。

その際に女の子が一人亡くなったとチャコから聞かされています。

しかし新聞には男子学生が死亡とありました。

その食い違いを令児はナギには伏せました。

そんな調子で話していると、ナギが疑問を口にします。

似非森と心中したときに亡くなった女の子って誰なんだろうね?と。

雨が降り出します。

店によって傘を買います。

一本の傘に二人おさまって自転車をこぎだします。

しかし片手に傘をさしながらでは自転車が上手く運転できません。

自分がもとうか?とナギが聞いてくれました。

別に構わないといって傘を片手に自転車をこぎ始めるとよろめいてしまいます。

危なかったねと、二人笑い出してしまいます。

そんな中のよさそうな二人の様子を、通りかかった車の中からチャコが眺めているのでした。

ネタバレ 感想少年のアビス【27話】ネタバレと感想!

『少年のアビス』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ: 漫画「少年のアビス」ネタバレ&あらすじまとめ>>

少年のアビス【26話】の感想!

情死ヶ淵を見学にいく令児とナギはなんだかいい雰囲気でした。

坂で大変そうな令児をナギが気遣ったり、土手で手をつないだり。

二人仲よさそうに一つの傘に収まって、自転車で坂を下っていく。

そんな様子をチャコは目撃してしまいます。

チャコは令児への思いを自覚しつつあるようでした。

東京行きを絶たれ絶望しかけたチャコ。

彼女は令児とナギの様子を見て何を思うのでしょう。

\いますぐ無料で試し読み/
試し読みのつづきは半額なのでチェック!