『少年のアビス』ネタバレはこちら!

少年のアビス【第51話】ネタバレ&感想・考察!

少年のアビス ネタバレ 51話

\いますぐ無料で最新話が読める/

『少年のアビス』【第51話】の最新話(週刊ヤングジャンプ 2021年21・22号[2021年4月22日発売]掲載分)のネタバレ&感想・考察の記事です。

前回 全話 次回
第50話 ネタバレまとめ 第52話

 

少年のアビス【第51話】のネタバレ&あらすじ!

転校してきたばかりの頃はいじめられていた似非森ですが、中1の冬になるとイジメはなくなり友だちも増えてきていたようでした。

一方で、夕子の周りの人間関係も変わっていきました。

不良然とした学生たちが夕子の周りには多くなっていました。

ただそれでも夕子と似非森の関係は周りには内緒のまま続いていました。

いつものようにスナックの二階で二人が話しています。

自分の友達は、夕子の友達たちをこわがってるよと似非森が口にします。

話してみるとそうでもないよと夕子が返事します。

似非森は今のままの関係がずっと続けばいいのにと考えていました。

お互いの人間関係が大きく様変わりしてしまっても今の関係がつづいているのは、似非森が心の底から夕子のことを好いていて、夕子も同じ気持ちでいてくれると似非森が信じているからなのでした。

机に手をついた夕子はおもわず痛みに呻きます。

夕子は父親から暴力を振るわれているようでした。

父親の酒癖はどんどん悪くなっているようで、手が付けられなくなったと起き夕子はスナックの二階へ避難してきているのでした。

ただ優子はそんな父を憐れんでいるようでした。

虚言や妄言が激しくなる母を見話している自分とは大違いだと似非森は考えます。

そろそろ帰りなさいと夕子の母から声がかかります。

雪の降る中、歩いて帰るみちすがら、似非森が東京へ帰るのかということについて話が及びます。

2年になったら父親に連絡してみようと考えていることを似非森が打ち明けます。

似非森は、一緒に東京へ行こうと提案します。

夕子ほどのルックスがあればアイドルにだってなれるよと話をぐいぐい進めます。

しかし、夕子には東京へ行く気がないようです。

芳しい返事は得られないのでした。

 

冬が終わり、春が来ます。

似非森の母が自殺未遂をしました。

チャンスだと似非森少年は考えます。

東京の父に連絡をしたのです。

しかし父は、浮気相手と再婚してそろそろ子どもも生まれるとのこと。

極めつけとして、もう連絡はしてこないで欲しいと言われてしまいます。

気落ちして夜の街を歩いていると、優子に出くわします。

いつものポニーテールではなく、髪をおろしているため表情がわかりません。

どうしてこんなところに…と駆け寄る似非森に、行き場所がなくなったと優子はもらします。

避難場所に使っているスナックの二階。

お客さんとお母さんがあの部屋で……と優子が口にします。

少し黙って、情死ヶ淵に行くことを似非森が提案します。

 

川はとても浅かったのでした。

飛び降りたのは嵐の夜だったらしいよと夕子が話します。

優子のおばあちゃんが見た火の玉がどうして一つだけだったんだろう?と似非森が口にします。

二人で死んだのなら火の玉は二つないとおかしくない?というのです。

生きててもいっしょになれなかったから心中したんだから、死んで二人は一つになったのだと口にする夕子は片目が青く腫れあがっているのでした。

いっしょに心中しようと似非森が言います。

大人になりたいからそれはできないと夕子が返事します。

大人は汚い。大人になんてなりたくない。大人になる前に死んだほうがいいと似非森が涙目になります。

この町で子供を産むのだと優子が返事をします。

風が吹いて木々がざわめきます。

似非森は、それなら自分と結婚してと言うしかありませんでした。

いいよ、と優子が返事をしました。

子供の名前は何にするのかを話題に二人は手をつないで帰ります。

 

32年後。

似非森は初めて令児を目にすることになります。

少年のアビス ネタバレ 52話少年のアビス【第52話】ネタバレ&感想・考察!

少年のアビスの最新話を今すぐ無料で読める方法って?

U-NEXT

ネタバレ記事でササっと内容を確認したら早速本編を読んでみましょう。

えっこれどういうこと?
ここ、キャラクターはどんな顔をしてるの?

そんな疑問は絵付きで読めばすぐに解決しちゃいます!
U-NEXTなら今すぐ週刊ヤングジャンプの最新号を無料で読むことができますよ♪

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

無料登録→600円分のポイントGET♪→ポイントを使って読む

少年のアビス【第51話】の感想&考察!

令児の姿を初めて目にしたのが32年後とのことなので、似非森は令児の父ではないんでしょうか?

そもそも令児の記憶の中では父は乱暴者でした。

灰皿を投げつけられて額にキズが残っていたはずですが、明らかになりつつある似非森の性格から考えるにとても暴力を振るうタイプの人間には思えません。

でも、令児の記憶の中で父親と思しき人物は「オレの息子じゃないくせに」というようなことを話していましたし……。

それに夕子を襲った悲劇というのがどのようなものなのかもわかりません。

過去に何があったんでしょう。気になります。

まとめ

『少年のアビス』第51話のネタバレあらすじ&感想・考察は以上です。

次回の『少年のアビス』第15話は、週刊少年マガジン24号(5月12日発売)に掲載する予定です。

ノーリスクで読むなら!

U-NEXT 無料トライアル

今すぐ無料で読むなら
U-NEXTがおすすめです。
無料登録するだけで600円分のポイントがもらえます!
最新話だってすぐに読めちゃいます。