『少年のアビス』ネタバレはこちら!

少年のアビス【7話】ネタバレと感想!

ネタバレ 感想

『少年のアビス』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ:漫画「少年のアビス」ネタバレ&あらすじまとめ>>

少年のアビスの7話を読んだのでネタバレと感想をまとめました!

前回の話をまだ読んでいない方はこちらからどうぞ。
ネタバレ 感想少年のアビス【6話】ネタバレと感想!

文章のネタバレじゃなくて絵付きで読みたいということであれば今すぐ『少年のアビス』を読めますよ!

\いますぐ無料で試し読み/
試し読みのつづきは半額なのでチェック!

少年のアビス【7話】のネタバレ!

台風が迫りつつある町を令児とナギが走ります。

令児はナギに名前を呼ばれて立ち止まります。

バイト中にこんなことをしてしまってすまなかったと令児が詫びます。

ナギは着ていたコンビニの制服を脱ぎます。

制服は暴風に乗ってどこかへ飛んで行ってしまいました。

心中するのにピッタリの日だとナギが答えます。

ナギは笑っていて、令児もつられて笑います。

情死ヶ淵がどこにあるのか二人とも知りません。

夫が書いた小説なのに知らないんだと令児が尋ねますが、暴風にかき消されてナギには聞きとれなかったようです。

もっと上流に行かないと川は浅くて死ぬためには深さが足りません。

すると、玄たちが乗るバンが土手の下の道を走っていきました。

令児は玄のバンに向かって、自分はお前の会社で働かないこと、今から死ぬこと、玄は一生この町で王様やってろよということを叫びます。

風と雨があらゆる音をかき消していきます。

去っていくバンに向かって令児は手を振りました。

腹の底から笑いがこみあげてきました。

笑いといっしょに、押さえつけていた母への不満が爆発します。

母は本当は自分が現にパシリにされていることを知っているのではないか?

玄のところで働くように頼んだのは自分のくせに、それを隠したりしてと不信感をあらわにします。

でも令児の不満は嵐の音に紛れてしまいます。

ナギが令児の手を取ります。

何もかもほったらかして街を出てしまったらどうかと提案します。

令児はそんなこと考えたこともありませんでした。

どうして?とナギは聞きます。

令児の人生は令児のものなんだからとナギが言葉を付け加えます。

かつてチャコも同じことを令児に言ってくれたのでした。

令児は少し考えます。

もしも自分が心中することを辞めると言ったらナギはどうするのかと令児が尋ねます。

ナギは一人でも死ぬつもりのようです。

その理由を令児が尋ねます。

ナギには死ぬ理由なんてないようです。

それならどうして?と重ねて令児が尋ねます。

ナギは生きる理由が無いからだと答えました。

ナギにすら生きる理由が無いのなら、自分にあるはずがないと令児も考えます。

かなり上流に歩いてきました。

川の勢いはとても強くて、深さも十分そうです。

二人は土手に腰掛けます。

最後に抱きしめていいかと令児が聞き、ナギがうなずきます。

おっぱいさわっていいかと令児が聞くと、ナギがシャツをまくり上げます。

ナギの胸に顔をうずめて、もうなにも希望を負わなくても良いことに救いを感じていると令児がつぶやきます。

自分もそうだとナギが同意してくれます。

令児は、ナギがこの町に来てくれたことを感謝します。

 

 

ネタバレ 感想少年のアビス【8話】ネタバレと感想!

『少年のアビス』の話数ごとのネタバレ一覧はこちらの記事にまとめています。
全話のまとめ: 漫画「少年のアビス」ネタバレ&あらすじまとめ>>

少年のアビス【7話】の感想!

母への不満を爆発させるシーンがあるのですが、感情を押し殺して我慢していた令児だけに真に迫るものがありました。

受験に失敗したせいでおかしくなってしまった兄、認知症のために手がかかる祖母、そんな家族のために母は一人看護師の仕事で家計を支えていました。

プライベートの時間は一切なく、仕事が終われば祖母と兄に翻弄される毎日。

母は心から疲れ切っていたんだと思います。

そんな母は令児が就職することに希望を抱いていたようです。

今のところ母の本心が見えませんが、新たな収入源としか自分のことを見ていないというように令児は受け取ってしまったようです。

令児は自分が玄の会社に売られてしまったように思ったんでしょうね。

しかし、川に身を投げればすべてから解放されます。

心中は令児にとって救いのように映っているのだと思います。

 

\いますぐ無料で試し読み/
試し読みのつづきは半額なのでチェック!