『少年のアビス』ネタバレはこちら!

SPY×FAMILY 3話ネタバレ感想。MISSION:3家族でおでかけ

SPY×FAMILY 3話のネタバレ要約と感想記事です。

三者面談の対策を始める黄昏。しかしヨルもアーニャも、黄昏の思うようにうまくできません。まずは「共通の思い出を作ることから」と街へでかけることにした3人ですが、その途中でひったくり犯に出会って……。その様子を描いたのがスパイファミリー第三話「MISSION:3」。

前回(第2話)のネタバレ>>

SPY×FAMILY 3話のネタバレ要約

ここに変わった家族があった。

父:スパイ、母:殺し屋、娘:超能力者。

己が利のため疑似家族を作った3人は、互いに正体を隠しながらひとつ屋根の下で暮らすこととなった。

家族でお出かけ

三者面談にむけて、3人の間で共通の思い出を作るべく黄昏たちは街に出かけます。

前回、仕立てたとおもわれるキレイな洋服を着たアーニャはわくわくしていて楽しそう。「はは、てつなぐ?」とヨルに手を差し出します。

(なついてくれているようでよかった)と2人の様子をながめる黄昏。

ヨルも、そんなアーニャに(小さくてかわいかったころの弟を思い出します)とまんざらでもなさげ。(思いきりハグしてあげたら肋骨2本折ってしまったこともありましたっけ。ふふふ、きをつけないと)

アーニャ「ビクッ!」

アーニャはヨルの思考を読みとってしまったのです。

身の危険を感じてさささっと、ヨルから距離を取るアーニャ。

黄昏(あれ?そんなになついてなかったのか?)

黄昏、悩む

オペラ、美術館、高級レストランとまわってみますが、アーニャもヨルもお上品な場所にどうもなじめません。

黄昏(スパイ歴十数年。数々のミッションをこなしてきたこのオレは今、初めてくじけかけている……)

思い悩み、気が滅入る黄昏を見かねてヨルが声をかけます。

ヨル「あの…ロイドさん。少々気晴らしはどうですか?」

ひったくり犯を追え!

眺めのよい高台に移動した3人。遠くまで街がよく見えます。

アーニャ「ひとがごみのようだ」
黄昏(どこでおぼえた)

3人で風景を楽しんでいると、ひったくりの犯行現場をみつけてしまいます。

おばあさんから強引にカバンを奪った犯人が許せず、すぐさま犯人を追いかけます。しかし、犯人を見失ってしまうヨル。

一方で黄昏とアーニャもひったくり犯を追いかけます。どうやら犯人は人ごみに紛れてしまったようです。追跡は難しそう。

(こうなってはみつからんだろう……)そうかんがえる黄昏に抱っこされたアーニャが、待ち行く人たちの思考を読みとります。

(あーはらへったー)(これかわいいー)(アイツおっせーなあ)などさまざまな思考のノイズの中、犯人とおもわれる心の声が聞こえてきます。(ヒヒっあのババア、たんまりもってるじゃねえか!!)

声の方向をさぐってみると、ひったくり犯がケーキ屋の前を歩いています。

アーニャ「ちち!アーニャ、ケーキたべたい!」

黄昏が、アーニャの指さしたケーキ屋に目をやります。服装は違っていますが、歩き方のクセはそうそう変えられるものではありません。あっというまに犯人を捕らえてしまいます。

おばあさんにカバンを返してあげる

「孫へあげるプレゼントのお金が入っていたのよぉ」

3人は、おばあさんにカバンをとどけます。「ありがとうねえ、助かったわ」

ヨル「いえ、取り返してくれたのはうちのシュジンですので」

アーニャ「アーニャにはなにかありがとうない?」

ケーキが食べたがったおかげで犯人をつかまえることができたので「えらいえらい」とアーニャをほめる黄昏。

そんな3人をながめていたおばあさんが、ぽつりとつぶやきます。

「あなたたち、とっても素敵な家族ね」

SPY×FAMILY 3話の感想

三者面談にむけてオペラや絵画を鑑賞させられるヨルとアーニャですが、2人ともこういった「お堅い」趣味がわかりません。

アーニャが入学しようとしているイーデン校は伝統を重んじる「お堅い」校風をしています。

いかにもアーニャやヨルと合いそうにありませんよね。

「三者面談ヤバイんじゃないの?」という気にさせられます。

その一方でひったくり犯を追う3人は、寄せ集めの家族にもかかわらず息ピッタリです。

ラストでおばあさんがつぶやいた「あなたたち、とっても素敵な家族ね」というセリフがとっても良いですよね。

第4回(次回)のネタバレ>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です