『少年のアビス』ネタバレはこちら!

SPY×FAMILY 4話ネタバレ感想。MISSION:4いざイーデン校へ

SPY×FAMILY 4話のネタバレ要約と感想記事です。

いよいよ三者面談の当日です。イーデン校におもむいた黄昏たち。そんな彼らを独特な方法で試そうとする寮長が登場します。その様子を描いたのがスパイファミリー第四話「MISSION:4」。

前回(第3話)のネタバレ>>

SPY×FAMILY 4話のネタバレ要約

黄昏「決戦の時は来た」

いざイーデン校面接試験へ。

視線

3人が校門をくぐるととても広い校庭が。

アーニャ以外にも受験生がたくさん来ています。

身なりの良い親子連れでにぎわうイーデン校を歩いていると、黄昏は「視線」を察知します。

 

黄昏(間違いない。何度も味わった感覚)

誰かに監視されている。

まさか、ここに敵組織が?

いや、ちがうな。見られているのはオレだけではない。

受験生たちをめずらしがっているのとも違う。

探るようなイヤな視線だ。だがしかし、これは…

おそらく素人……!!

 

黄昏は、視線の主をみつけます。

左右建物に複数人。

頭のなかで学校関係者のリストをめくると、こちらを観察しているのは教員たち。

手には筆記具をもち、無線を片手にどこかへ連絡しています。

こちらを観察しながら、何かをメモしている。つまり……試験はすでにはじまっている…!

一挙手一投足を観察されている。そのことをヨルとアーニャへ耳打ちします。

黄昏「気を引き締めろ。試験管たちに見られている。練習通りにふるまうぞ」

寮長登場

……「D-68番、×」「A-12番、×」「G-114番、〇」……

なにも知らずに校庭をゆく受験生たちを教員団が採点しています。

寮長「ことしの受験生は質が低いな」白髪を束ねた初老の男です。「品のない家族はすべて不合格にしろ」

寮長が鋭い目つきで受験生たちをチェックしていると、黄昏たち3人が目に留まります。

少し緊張した面持ちのアーニャを真ん中に、黄昏とヨルがスマートに歩いています。

寮長「ほう…すこしはエレガンス力(りょく)がありそうなのもいるな」

初代学長の像を前に立ち止まるアーニャたち一行。

寮長「むむっ!?」

帽子を脱ぎ手を胸に当て、学長の像に敬礼する黄昏・ヨル・アーニャ。

寮長「なぁぁエレガント!!ベリーエレガントぁぁ!!」

寮長は考えます(真のエレガンス力(りょく)を持ち合わせた者かどうかたしかめなければならない……)

寮長の罠

黄昏たちが面接会場へ向かっていると。

「あ~しまったぁ~うっかりドブにはまってぬけだせなくなってしまったぁ~」

脇で少年がドブにはまっています。

「どうしようすごく困った~」

アピール気味です。

黄昏(いや、試すにしてもあからさますぎるだろ…だが)と、アーニャをチョンチョン。

アーニャ「ちち!はは!こまってるひとがいるます!たすけます!」

少年「うわ~手足が滑ってあがれない~」さらなるアピール。

 

遠くから寮長がその様子をながめています。

寮長(面接が控えているのに下水で服を汚すわけにはいかんだろう。さあどうやってエレガントに切り抜け……)

ドプンと下水に腕をつっ込み、ざっぱーんと少年を救い上げます。びたびたびたと下水を浴びながら「ケガはないかい」と声をかける黄昏。

アーニャ「はんかちあげるます」

 

寮長は失望します。

寮長(ふんっ期待外れだ。所詮はただの田舎者。泥まみれの格好で我が学舎に入れると思うなよ)

ごそごそする黄昏一行。

ヨル「こんなこともあろうかと着替え一式持参しておいてよかったですね!」

シャキーン!黄昏とアーニャのお色直しです。

寮長(こんなこともあろうかと、思わんでしょ普通……!)

黄昏「さっきのスーツじゃ田舎者だと恥をかくところだった。着替える機会をくれて礼を言うよ少年」

寮長(ほぅあぁぁあまつさえ少年へのフォロー!!スマート!!スマート&エレガントッ!!)

寮長も予想外

「大変だぁー飼育舎から動物が逃げ出した―っ!!」

ウシ、馬、ひつじ、タカにウサギ!我を忘れた動物が群れになって受験生たちに突進してきます!

黄昏(そこまでするかイーデン校!!)

校内はパニック状態です。

 

寮長「おい!誰だあそこまでやれといったのは!受験生の中にはお偉いさんもいるんだぞ!ケガする前に止めてこい!」

 

黄昏(もはやテストどころじゃないぞ…!アイツだ(ひときわ大きな牛)。あいつがおそらく群れのボス。ヤツをとめれば…)

銃を使うしかない。

しかし、銃を使うとなぜそんなものを持っているのかという話になる。

いやしかし……。

ヨル「アーニャさんをたのみます」

トンッ、トンッ、トンっ!

目が据わったヨルが、暴れるボス牛の秘孔を突きます。

崩れ落ちる牛。

ドン引きする黄昏とアーニャ。

苦しい言い訳をするヨル(ヨガ教室で学んだんですっ)

 

と、牛の心の声がアーニャに聞こえてきます。

アーニャ(うしさん、こわがってる…?)

倒れた牛をなでるアーニャ「だいじょうぶます。こわくない」

アーニャになでられ、おだやかな目つきになった牛は群れを連れて動物舎へ帰っていきました。

 

寮長(フォージャー(黄昏のこと)、今日のところは完敗だ)

SPY×FAMILY 4話の感想

寮長の登場です。クセが強いんですよね。

上の要約パートでは彼の魅力をなんとか伝えたかったのですが、文字ではどうにもうまくいきません。

原作では生き生きしている寮長のすがたを是非とも単行本で味わってもらいたいところです。

次回(第5話)のネタバレ>>