『少年のアビス』ネタバレはこちら!

SPY×FAMILY 8話ネタバレ感想。MISSION:8入学式

SPY×FAMILY 8話のネタバレ要約と感想記事です。

イーデンへ入学を決めたフォージャー一家。今回は入学式です。クセのあるクラスメイトとの出会いだったり、アーニャの新しい魅力が発揮されるのがスパイファミリー第八話「MISSION:8」です。

第7話(前回)のネタバレ>>

SPY×FAMILY 8話のネタバレ要約

「諸君らは選ばれし者たちである!」

「228名の栄えある新入生諸君、入学おめでとう!イーデン校一同心より歓迎する!」

クラス分け

黄昏(ようやくここまでこぎつけた。わすれるな黄昏。この作戦に東西世界の未来がかかっていることを…!)

黄昏のミッションは、国家統一党総裁デズモンドへ接触すること。

そのためにデズモンドが参加するイーデン校の懇親会に出入りする必要があります。

イーデン校の懇親会に参加するには、「星(スカラ)」を8つあつめて「皇帝の学徒(インペリアル・スカラー)」に選ばれる必要があります。

黄昏(この子を優等生に……というのは半ばあきらめている)心を読んでしまいアーニャがガーン!となります。

黄昏(ただでさえ優秀な生徒が集まるこの学校で一番を摂りつづけるのは少々無理がある…それよりも…)

 

「ではつづいてクラス分けと担任の発表をいたします。呼ばれた者は前へ」生徒の名前が一人一人読み上げられ、呼ばれた生徒は壇上へあがります。

アーニャ「アーニャなにぐみかな」

黄昏「なんだろうな(いやすでに俺は知っているなぜならミッションに都合のいいようにオレがヘン性を一部改ざんしたからだ。アーニャがアイツと同じクラスになるように…)」

「ダミアン・デズモンド」

ダミアン(「さま」をつけろ「さま」を)

標的ドノバン・デズモンドの次男ダミアン。

長男に続きイーデンに入学。

黄昏(特待生を目指す”プランA”が難渋した場合の代案”プランB”その名も―ナカヨシ作戦!!)

①ダミアンと同じクラスになって仲良くなる

➁家へ遊びに誘われる(親同伴)

③ダイレクトに標的(ドノバン・デズモンド)と接触!!

そうこうしているうちにアーニャの名前が読み上げられます「アーニャ・フォージャー」

クラスメイトと顔合わせ

アーニャはここまでの黄昏の思考を読んでいます。

アーニャ(あくのボスのこども…)とアーニャはダミアンを観察。

視線にダミアンも気づきます。

ダミアン(なんだあの女?ははーんさては早くもオレの魅力に気づいてホレたか。なかなか見る目あるじゃないか)

アーニャ(…ムカッ!)

 

「ベッキー・ブラックベル」

ベッキー「よろしくね」

ベッキーがアーニャにわらいかけます。

ベッキー「あたしベッキー。あなたは?(ガキっぽい子。世話役くらいにはしてあげてもいいかしらね)」

これまた心を読んだアーニャはそっぽを向きます。

 

「以上3組、29名。クラスはヘンダーソン先生です」

ヘンダーソンは三者面談の時にスワンをなぐりつけた先生です。補欠合格のことをフォージャー一家に伝えたのも彼。

その後、ヘンダーソン先生の引率で学内を見てまわる3組の面々。

ヘンダーソン「エレガントな成績をおさめ<星>を8つ受賞すればだれでも特待生になれる。皆それぞれ精進するように」

オリエンテーションでアーニャ、ダミアン接触する

取り巻きA「ダミアンさまならあっという間に特待生ですよね」

ダミアン「当たり前だ」

取り巻きB「ですよねー」

ダミアン「国家統一党の息子だぞオレは」

周りの学生「すげー」「出ず門とグループにはたくさんお世話になったってウチのパパいってたよ」「ウチもー」「仲良くしよー」

ヘンダーソン「コラ私語は慎め」

ダミアンがアーニャに話しかけます「おまえんトコは?親は何の仕事してんだ?レベルによっちゃおまえを友達に加えてやってもいいぞ?」

アーニャはムカッときつつも「(にんむのためアーニャがまん)すぱ…こころのおいしゃさん」

ダミアン「フン何だたいしたことないな。どうせショボい資産なんだろ」

アーニャ「アーニャおまえんちあそびにいきたい」

取り巻きA「バカ言え!身の程を知れこのブス」

取り巻きB「庶民はほんと図々しいですねぇ」

取り巻きA「庶民菌がうつるからあっち行け」アーニャを突き飛ばします。

そろそろ我慢が限界にです。

アーニャは前回、誘拐されかかったことでヨルと特訓をはじめていました。

(いまこそ、ひっさつのぱんちをはなつとき…!)

しかしヨルの教えがよぎります。

―ヨル「いいですか。アーニャさん。感情に任せて力をふるう者は真の強者とは言えません」

ベッキー「あんた情けないわね。少しは言い返しなさいよ」

―ヨル「ちょっとした意地悪くらいなら笑って流せるのがカッコいいお姉さんですよ」

アーニャ「アーニャぜんぜんきにしてない」

そしてアーニャは笑顔を作るのですが、これがなんとも張りつけたような妙な笑顔。

ダミアン(な…なんだその子バカにしたような笑いは…ッ!!)くやしそうです。

ベッキー(余裕…!オトナの余裕だわ!すごいわ!ガキっぽいだなんてまちがっていたわ!)一目おいてしまいます。

騒動

ベッキー「あなた意外と大人なのね!」

アーニャ「おとな…!」おとなと呼ばれたことに感激します。そしてもう一度さきほどの妙な笑顔でダミアンを眺めます。

ダミアン「チョーシのんなよドブスが!!ブスブスブぅース!!」

ベッキー「なによ確かにあたしよりはブスだけどそこまで言うことないでしょ!」

ダミアン「うっせー!」

ヘンダーソン「そこ!初日から<雷>がほしいのか!?」

ヘンダーソンに叱られておもしろくなさそうなダミアン(くそが。このオレに恥かかせやがって。ゆるせねえ…!!)

 

まるめた紙屑がアーニャのあたまにぶつけられます。

アーニャがふりかえるとダミアンとその取り巻きらがくすくすと笑っています。

アーニャ妙な笑顔。

ベッキー「いい加減にしないと先生に言いつけるよ!」

ダミアン「オレらがやった証拠あんのかよ」ダミアンがベッキーの足をふみつけます。

ダミアン「オイにやけブス!てめーは今後いじめにいじめぬいてやるからな!二度とヘラヘラできねーようにベッコベコにしてやる!」

取り巻きA「泣かしても心の医者のパパが治しちゃうんじゃ?」

ダミアン「マジかそりゃスゲー!よかったでちゅねー」

あいかわらず妙な笑顔をキープしたアーニャですが、目の奥にメラメラと燃えるものがあります。

一度振り返り、先生がこっちを見ていないことを確認。

ダミアン「オイどこ見てんだビビったのか!?」

スナップの効いた良い右ストレートがダミアンの顔面を捉えます。

受け身を取れず脇にそなえつけたゴミ箱につっこむダミアン。

声を上げて泣き出します。

ヘンダーソン「何の騒ぎだ!」

取り巻きA「せんせー!こいつがダミアンさまをなぐったー!!」

アーニャ「…てをのばしたとこに、ぐうぜんこのひとが…」

取り巻きA[ウソつけー!!なんでごまかせると思ってんだおまえー!?]

取り巻きB「ていうかさっき先生が見ていないか確認してたろー!?」

アーニャ「アーニャがやったしょうこあんのか」

取り巻きA「おもくそおまえのグーパンのあとついとるだろがー!!」

ヘンダーソン「…もしも偽証なら恥ずべき行為だぞアーニャ・フォージャー?」

固まるアーニャ。

ベッキー「ちがうんです先生!この子はずっと我慢してたんですけどこいつらが…!!」

ヘンダーソン「殴ったのは本当なんだな?」

焦るアーニャ。

ここでヨルの教えが頭をよぎります。

―ヨル「いいですかアーニャさん。力の正しい使い時。それは例えばお友達をピンチから助ける時のような…」

アーニャ少し考えます。

アーニャ「こ…このこのあし、ふんでたから…アーニャおこっちゃった…ごめんなさい…」

ベッキー「(あたしのために…!?)アーニャちゃん…!!」

ベッキーはいたく感動しますが、とりあえずのごまかしで言ったので気まずい思いのアーニャ。

ヘンダーソン(私憤を収め、だが友のためには男子にも毅然と立ち向かう。その心意気…!エレガントだ。アーニャ・フォージャー…!!だが…しかし)

オリエンテーションが終了して

アーニャ達3組の面々が校内をまわっているあいだ、黄昏たちは保護者パーティーで時間をつぶしていました。

黄昏(やはりデズモンドは夫婦ともにあらわれなかったか…。まあ焦る必要はない。入学さえしてしまえば時間はいくらでもある)

「保護者のみなさま!生徒たちのオリエンテーションが終わりましたのでどうぞ中庭のほうへ!お集まりいただいて集合写真を撮ります!」

中庭に出向きますが、アーニャの姿が見えません。

黄昏「?」

アーニャをさがしている黄昏に、ヘンダーソンが声をかけます「フォージャー、ちょっと来い」

 

黄昏「男の子を殴った…?(しかもデズモンドの息子を…!?)」

アーニャはバツがわるそうな顔でうつむいています。

ヘンダーソン「本来なら暴力行為は問答無用で<雷>3つなのだが、ワシの裁量で1つにしておいた。これ以上は譲歩できんだろう…」

黄昏(入学初日に失点1…おまけにデズモンドの息子との仲も最悪に…)

SPY×FAMILY 8話の感想

イーデンへの入学にこぎつけたフォージャー一家ですが、入学初日から問題だらけでした。ダミアンやベッキーといったキャラクターも登場してにぎやかになりましたよね。

アーニャの「妙な笑顔」の煽り性能が高くて逆にチャーミング。心を読む能力をつかっての周りとのかけあいも面白いアーニャですが、顔芸でも見せ場を作れることが明らかになりましたね。引き出しのおおいキャラクターだと思います。

第9回(次回)のネタバレ>>