『少年のアビス』ネタバレはこちら!

転移性恋愛 ~精神科医のタブー~ 1話【ネタバレ&感想】

ネタバレ 感想

転移性恋愛のネタバレ&感想!

話数ごとのまとめはこちらをどうぞ!:転移性恋愛 ネタバレまとめ>>

\転移性恋愛を試し読み/
試し読みのつづきは半額で読めるのでチェック!

転移性恋愛 1話のネタバレ

早川優佳はとても仕事熱心な精神科医です。

ランチタイムも忘れて仕事に没頭している姿をみかけた院長が「仕事へ逃避してるんじゃないの?」とからかうほど。

「そういえばどうして精神科医という仕事を選んだの?」

そんなたわいもない質問がきっかけで、幼い頃の記憶がよぎります。

厳しい父親とヒステリックな母親。

優秀な兄と比べられる毎日に、優佳はいわれのない罪悪感を感じながら育ちました。

苦しんだ自分と同じく、つらい目に会っている人を助けたいというおもいから精神科という仕事を選んだのです。

そんな優佳ですが、憂鬱でした。

数日後にお見合いがセッティングされていたからです。

お見合いとなると、両親と顔を合わせなければなりません。

 

見合いの当日。

母は顔を合わせるなり「余計なことはしないで」「相手はウチよりも格上の家柄なの」とクギを刺してきます。

優佳はますます気が滅入ります。

お相手と顔合わせの場面でも、先方の機嫌を取ろうと母は優佳を下げるばかり。

と、相手の男性が「よかったら、二人で話しませんか?」と申し出ます。

(もしかして、助けてくれた?)という考えが頭をよぎります。

 

近くのカフェに入ります。

「母のいる前では話にくいことがあったもので」と男性は切り出します。

自分には恋人がいる。あなたとの結婚の後も自分はその恋人と暮らす。一応生活費は毎月10万円てわたします。

べらべらとまくしたてます。

「ちょっとまってどういうことですか?」と優佳は切り返します。

男性は答えます。

「優佳さん32歳でしょ?ウチは跡取りが必要な家系なものですので保険みたいなものですよ」

納得できるわけがありません。

その意思を相手に伝えると「いちいち口答えするんじゃねえよ」とまで言ってのけます。

優佳がさすがに縁談を断ろうとすると、男がキレます。

「調子に乗るんじゃねえよクソ女!」

優佳に投げつけようとグラスをつかんで振りかぶります。

が、その腕はカフェの店員さんによってつかみあげられます。

「どうされましたお客様?」

黒髪がサラッとした意志のつよそうな目をした青年です。

男は激高し、はげしく店員と口論しますが、居合わせた他の客にスマホで撮影されていることに気づき逃げ去ります。

 

優佳はしばらくそこから動けませんでした。

(余計なことしないでね)

母の言葉がよぎります。

とそこに、今度は年配の女性の店員がフルーツポンチを運んできてくれます。

聞けば、先ほどの男性の店員の母ということでした。

親子でやっているお店。息子がオーナーとのことです。

 

少し元気を取り戻し、店を出る優佳。

先ほど助けてくれた男性店員が店先を掃除しています。

「また来てくださいね。ウチで女性に人気のメニューは目玉はメガ盛りガーリックチャーハンです」

優佳を気遣って冗談をいってくれます。

「そんな”フリ”を利かせられてもメガ盛りなんて頼みませんよっ」

優佳もかるい気持ちで答えます。

ですが”フリ”というワードに妙な間をおいてしまう男性店員。

疑問に思いつつも、店を去ります。

 

数日後、テレビで先ほどのカフェが紹介されていました。

男性店員がインタビューに答えています。

五十嵐司(26)。

6つも年下だったのか、いやいや気になってなんかいませんよっ。

 

さらに後日。

仕事の休憩中の出来事です。

母から留守番が残っています。

再生すると大声でヒステリックにまくしたてる母。

先日の見合い相手へ連絡を取っていないことを責めています。

母の大声のあまり、留守電の内容がきこえてしまった院長が気遣ってくれます。

 

気を取り直して、仕事に戻ります。

午後の診察、一番目の患者さんが診察室に通されます。

優佳は、その患者さんに見おぼえがありました。

先日のカフェの男性店員・五十嵐司だったのです。

次回:転移性恋愛 2話のネタバレ>>

転移性恋愛 1話の感想

優佳の母親、ヒドすぎません?

人の力になりたいとがんばっているのに、よくもここまでキツイ言葉をぶつけられたもんだと思います。

何様なんだろう。

しかも連れてきた見合いの相手がまた最悪……。

この見合い相手ですけど、どういうものの考え方して生きてきたんでしょうね。

初対面の人間にナゾの上から目線。

良い家柄だからってちやほやと甘やかされてきたんじゃないかなあ~。

コイツがキレてグラスを投げようとしてきたときに助けてくれた店員さんがさわやかなイケメンなんですが、患者として精神科を訪れてきます。

どういう経緯なんだろう。

\転移性恋愛を試し読み/
試し読みのつづきは半額で読めるのでチェック!