『少年のアビス』ネタバレはこちら!

転移性恋愛 ~精神科医のタブー~ 10話【ネタバレ&感想】

ネタバレ 感想

転移性恋愛【第10話】を読みました。あらすじ・ネタバレ・感想をまとめます。

ちなみに9話のネタバレは下記の記事でまとめています。まだ読んでいない場合はお先にどうぞ。

前回:転移性恋愛 9話のネタバレ>>

話数ごとのまとめ:転移性恋愛 ネタバレまとめ>>

\転移性恋愛を試し読み/
試し読みのつづきは半額で読めるのでチェック!

転移性恋愛 10話のネタバレ

優佳は夢を見ています。

暗い道を歩いていると周りから罵声が浴びせかけられます。

思わず耳をふさいで先を急ごうとすると、今度は地面が崩れ落ちそうになります。

こっちへおいで。

ふり向くと、そこにいたのは結婚衣装をまとった晴樹の姿。

ウェディングドレス姿の優佳をエスコートしてくれます。

ただ脇道に目をやると暗い表情の司が歩いていました。

司の足場が崩れ落ちます。

手をのばしますが、優佳は奈落の底へと落ちていきます。

優佳が目覚めます。

そういえばこの間、両親が辞職の手続きを進めると話していたっけ。

院長に説明しないと。

 

優佳がクリニックを訪れると、顔色が回復したことを院長がほめてくれます。

これ押し付けられたよ、と辞表届をみせてくれます。

優佳は、自分が書いたものではないと弁明します。

そうだと思った。キミも苦労するね、とねぎらってくれる院長。

嫌がらせも落ち着いたことだし、優佳さえよければ復職してもらいたい。

人手も足りていないことだし、と患者の予約でびっしりになったスケジュール表をみせてくれます。

司が来院していないことに目がいきました。

ムリに診察を進めることはできないからねと院長に諭されますが、優佳は気が気ではいられません。

唇をかみしめます。

「失礼します」と席を立って、司の元へと駆けつけます。

 

司の店の前。

「クローズ」と札のかかった玄関先にたどりつくと優佳の心の中に浮かんできたのは「会いたい」という気持ちでした。

ドアが開き、目の下にクマをつくったリサが出てきます。

優佳に気づき、何しに来たととがめます。

司が元気を取り戻すように、本当に手をつくしたリサでしたが結果は芳しくなかったようです。

「全部あんたのせいよ」と優佳に食ってかかります。

しかし、優佳は怯みません。

目をそらさずに、もう逃げないことをリサに諭します。

優佳が店内に入ります。

伸び放題になった髪。

散らかったままの部屋。

寝間着姿のまま司が座り込んでいます。

優佳は司に呼びかけます。

 

死ぬことさえ面倒くさい。

体も動かせない。

消えたい。

司の心の中です。

暗い世界に一人沈み込んでいます。

光?

司を呼ぶ声がします。

先生?

声が聞こえる方向を探します。

手を必死で伸ばします。

何か触れるものが。

司の視界に優佳が写ります。

自分の手を握った優佳の姿。

もうひとりにはしない。ずっと私がそばにいる。

司の目に涙が溢れます。

好きだ。

司は優佳を抱きしめて口づけを交わします。

 

床には優佳のカバンが放りだされていました。

転がったスマホが晴樹からの着信を知らせ続けていました。

次回:転移性恋愛 11話のネタバレ>>

転移性恋愛 10話の感想

優佳が店を訪ねて司の名前を呼ぶシーンがありましたよね。

ここ、司からみた世界っていう風に表現されてたんですが、文字では表現しづらかったです。

漫画ならではの表現でしたね。

あと、これからの二人がどうなるかっていうことも気になりますよね。

優佳からすると、仕事には復職できました。

また、司とも会うことができました。

ですが、冒頭の夢が暗い未来を暗示しているようですよね。

夢では、結婚衣装を着た晴樹からはなれて、司に手をのばすと二人は奈落の底へと落ちていきました。

今回のラストでは、晴樹からの着信をほったらかしにして司とキスをしています。

先が気になります。

 

\転移性恋愛を試し読み/
試し読みのつづきは半額で読めるのでチェック!