『少年のアビス』ネタバレはこちら!

転移性恋愛 ~精神科医のタブー~ 4話【ネタバレ&感想】

ネタバレ 感想

転移性恋愛【第4話】を読みました。あらすじ・ネタバレ・感想をまとめます。

ちなみに3話のネタバレは下記の記事でまとめています。まだ読んでいない場合はお先にどうぞ。

前回:転移性恋愛 3話のネタバレ>>

話数ごとのまとめ:転移性恋愛 ネタバレまとめ>>

\転移性恋愛を試し読み/
試し読みのつづきは半額で読めるのでチェック!

転移性恋愛 4話のネタバレ

今度の土曜日、仕事終わりに晴樹と水族館デートをすることになった優佳。

気分が浮かれています。

ところがその日の診察にて。

すこしずつ容体がよくなってきていた大園さんという患者さんがいらっしゃいます。

この大園さん、どうやら離婚をしていたようで。

精神科に通院していることが元夫にバレてしまったことがきっかけで、娘を引き取るという話になってしまったとのこと。

娘がいなくなってしまったらどうすればいいのかわからない。

相談を受けて優佳は、大園さんの気持ちを優しくうけとめます。

 

晴樹とのデート当日。

優佳は気分が乗りません。

大変な思いをしている患者さんがいらっしゃるのに、私一人が楽しい思いをしていいのだろうか。

でもそれは晴樹には関係のないこと。

晴樹のためにも楽しまないと。

手を取ってぐいっと引っ張ってくれる晴樹。

一時は仕事のことも忘れて楽しいひと時を過ごすことができました。

ただふとした拍子に大園さんのことが頭に浮かびます。

晴樹はすぐに察知して気遣ってくれますが、やや上の空な優佳。

やがて水族館を出て帰り道をゆく二人。

話題が恋の話にうつります。

いまつきあっている人はいるの?と晴樹が質問を投げかけます。

そういう人はいないけど、いまは仕事のことしか考えられない。と優佳が答えます。

優佳の心の整理がつくまで待たせてよ。

優佳は悪い気はしません。

ですが、色々と思うところもあるのでしょう。

躊躇した様子です。

それでも優しく「返事はゆっくりでいい」と言ってくれる晴樹。

 

司が店を開いています。

リサも司を手伝っており、リサの友達や知り合いで店はにぎわっています。

しかし司は生気を欠いた顔つきです。

病気のこともあるでしょうが、なにより司の心をとらえているのは知らない男と談笑していた優佳のことです。

と、リサが店の明かりを消します。

暗くなった店内。

ロウソクに火がともされ、ハッピーバースデーの歌が合唱されます。

ただ病気で体調のすぐれない司にはこれが異様な光景に映ってしまいます。

顔が引きつる司。

汗が止まりません。

店内の明かりが戻されます。

リサが友達たちに司のことを紹介する場面がありました。

体調のこともありうまく対応できない司。

ですが、母の言葉が頭によぎります。

―ホラ笑って、司が笑うからお母さん生きていけるのよ。

バチッと司にスイッチが入ります。

100点満点の笑顔をリサの友人たちに投げかける司。

しかし、どこかムリをしているフシがあります。

 

閉店後。

100点満点の笑顔を見せたことで、もう全快したんだとリサは早合点します。

リサに抱き着かれる司ですが、窓に映る自分の姿がショッキングでした。

黒い異様な影が自分に抱き着いているように見えたのです。

影はこういっています「ずっと一緒よ」

動転して、リサを突き飛ばしてしまいます。

そのままどこかへ逃げ出してしまう司。

どこか遠くに、母さんのいないところへ。

次回:転移性恋愛 5話のネタバレ>>

転移性恋愛 4話の感想

晴樹からの申し出がうれしいのに、患者さんのことを思うと一歩ふみだせない優佳。

とても優しい人ですよね。

一方でリサですが、またやっちゃいましたね。

リサって攻撃力たかすぎませんか?

まるで詰将棋でもしてるかのように、毎回毎回、司を追いつめます。

悪気はないだけに救われない感じがあります。

 

\転移性恋愛を試し読み/
試し読みのつづきは半額で読めるのでチェック!