『少年のアビス』ネタバレはこちら!

転移性恋愛 ~精神科医のタブー~ 6話【ネタバレ&感想】

ネタバレ 感想

転移性恋愛【第6話】を読みました。あらすじ・ネタバレ・感想をまとめます。

ちなみに5話のネタバレは下記の記事でまとめています。まだ読んでいない場合はお先にどうぞ。

前回:転移性恋愛 5話のネタバレ>>

話数ごとのまとめ:転移性恋愛 ネタバレまとめ>>

\転移性恋愛を試し読み/
試し読みのつづきは半額で読めるのでチェック!

転移性恋愛 6話のネタバレ

優佳の部屋。

コーヒーをすすりながら二人は少し話をします。

いつも母さんが近くにいる気がすると、司が話し始めます。

 

司は、交通事故で父を亡くしました。

夫を亡くした母はまるで生気を失ってしまいます。

何度呼び掛けても反応してくれない母。

司は、父の言葉なら母に届くのではないかと、父の声色を真似ました。

これが功を奏します。

自分が父の演技をしている限り母は元気でいてくれる。

父が亡くなってから元気をなくしてしまった母のために、司は生前の父であるかのようにふるまうようになったのです。

優佳が見合い相手にグラスを投げつけられそうになったとき、助けてくれたのも父をトレースした姿の司でした。

あのとき司は「女性客に人気のメニューはメガ盛りガーリックチャーハンです」なんて冗談を飛ばしていましたが、それも父の軽口を真似たもの。

ところでそんな司の冗談に、優佳は「そんな”フリ”をされても」と答えました。

優佳の意味するところは「そんな”冗談のふられ方”をされてもメガ盛りチャーハンなんて頼みませんよ」というものでした。

ですが、司はちがう意味で受け取ってしまいます。

”父のふり”をしていることがバレてしまったのではないか……。

そのように受け取ってしまったのです。

やや強引なまちがいですが、こんなささいなことがきっかけで崩れてしまうほど、司のメンタルはデリケートなバランスの上になりたっていたのです。

そこから司はうまく父の演技ができなくなってしまいました。

母もその様子に気づきます。

「違う」

司の姿が父と重ねられなくなります。

母はショックを受けた様子で司を眺めます。

司のメンタルに亀裂がはいります。

明日こそはきちんと父を演じないと。

そう決意を固めた日に、司は首を吊った母を発見してしまいます。

 

自分の言葉がきっかけで司の家族を壊してしまった。

優佳もまたショックを受けます。

それだけではありません。

厳しい父とヒステリックな母の子として生まれて、自分もいい子を”演じてきた”経験がより強く司への共感へと結びつきます。

話疲れて眠ってしまった司に毛布をかけながら優佳は決意します。

私の言葉が彼の家族を壊してしまった。

彼は私が守らないといけない。

次の朝。

司は冷蔵庫のありもので朝食をつくります。

そのおいしさにひどく感激した優佳。

おいしそうに食べてくれる優佳を目に、司の顔にも生気が宿ります。

 

マンションから出てくる二人。

そんな二人の姿を遠くからスマホで撮影している女性の姿があります。

画像をどこかに送信している様子です。

次回:転移性恋愛7話のネタバレ>>

転移性恋愛 6話の感想

司が精神を病んでしまった背景には母を元気づけたいという健気な生き方があったのですね。

自分の一言が彼の家族を壊してしまったと気づくシーンもショックですよね。

何気ない一言ですし、彼の家族の事情なんて知る由もない。

でも人が一人自殺してしまって、メンタルを病んだ司が目の前にいるわけですから。

なかなかキツい話です。

ちなみに司は、このときのお客さんが優佳であると気づいていません。

接客業ですので、毎日たくさんの方と接するからでしょうね。

さて、ラストに二人を撮影しているナゾの女性があらわれましたが、これまで登場したどの人物ともシルエットが一致しないんですよね。

一体誰なんだろう。

 

\転移性恋愛を試し読み/
試し読みのつづきは半額で読めるのでチェック!