『少年のアビス』ネタバレはこちら!

私が支えてあげたのに 3話 【ネタバレと感想】

漫画「私が支えてあげたのに」2話のネタバレ記事です。

カズのことをギリギリまで信用しようとしていた優子ですが、見事に裏切られます。

しかもただ浮気をしていただけではなく、勝手にクレカを使いこまれていました。

絶対に許せない!

前回:私が支えてあげたのに 2話のネタバレ>>

前々回:私が支えてあげたのに 1話のネタバレ>>

『私が支えてあげたのに』3話のネタバレ

優子は同窓会に参加しています。

「優子のカレシ、俳優なんだって?」

同級生が優子に話しかけてきました。

流れでカズの写真をスマホで見せます。

かっこいい!と大好評。

ひとしきり話して化粧直しにお手洗いに入ります。

(本当に自慢の彼氏だったのに…)

個室にはいっていると、他の参加者がトイレに入ってきます。

「優子のカレシさ~全然売れてないらしいよ」

「わたし写真みせてもらったけど、全くわからなかった!」

「まじで~。いくら顔よくっても私にはムリだわ~」

「年上のヒモとかメリットなさすぎてウケる~」

(私もカズ君の夢を応援する。そう決めたはずだった。でも―)

優子は数日前のことを思い出します。

「あれ?もしかしてブロックされた?」

LINEで連絡を取ろうとしてもまったく通話がつながりません。

「まあ、いいや」

カズのSNSアカウントを表示させます。

ポチポチと何かを入力する優子。

画面には「ログインしました」という表示。

管理画面に入ります。

「カズ君の服いっぱいあるんだよな~」

クローゼットを開ける優子。

手ににぎられたたハサミの刃が光っています。

 

女性の家。

ベッドの上で絡み合う二人。

事が済んで言葉を交わします。

「透一くん、今度の休みはいつかな?」

「旅行ならすぐにはムリだよ」カズが答えます。

「あ、それは、わたしもちょっと金欠気味で…」

「あれっこないだ給料日って言ってなかったっけ?」

「引き落としがいろいろ重なっちゃって……。ホラ、透一くんにもこないだ服プレゼントしたじゃない?」

「ふ~ん」

カズは考えます。

(だめだコイツ。きょうで最後かな)

スマホをさわります。

”カズ元気?ミサキだよ。すっかり有名人だね。同じ中学だったけど覚えてないよね…?いまは看護師やってます。よかったら久しぶりに会いたいな…。”

(誰だっけ?覚えてないけど…でも、ま、いっか)

抱きついてくる女性をあしらいながら考えます。

(次のみっけ。チョロいなぁ女って)

 

カズの所属する劇団。

「お!カズのってるじゃん」

俳優雑誌を先輩たちが眺めています。

「好感度が大切な時代だから、下積み長い遅咲きってポイント高いんじゃね?」

カズは少し離れたところでスマホをいじっています。

「確かに真面目っぽいイメージつくしな。まーでも、前はそうでも今はアレだもんな」

「やめとけって」

先輩二人の会話はカズには聞こえていません。

「おい!カズ!」

別の劇団員が立腹した様子でカズに話しかけます。

「おまえこのあいだの大事な仕事、遅刻したらしいな!それ以外にもいろいろきいてるぞ」

カズが劇団員をみあげます。

「事務所決まって調子乗ってるのか知らないけどな、周りに迷惑かけんなよ!」

「すいません」

カズが謝ったことで、とりあえず劇団員がひきあげます。

先ほど噂話をしていた二人がカズのフォローにはいります。

「カズ、いまのも心配で言ってるんだよ」

「やっと売れたのがうれしくてついね」

「このあと飯でも行く?話聞くぞ―って俺じゃ話にならないか」

カズが立ち上がります。

「そうですね、ありがとうございます。でもオレ先輩みたいにヒマじゃないんで」

そのまま行ってしまうカズ。

「ほっとこーぜ!何言っても今は聞かないだろ」

「カズ君、絶賛反抗期~」

「アイツ昔からああだよな」

「反抗期でもSNSはマメにやってるんだよね」

「なにチェックしてるんだよ。ファンかよ」

「あ、ホラ、カズ更新してるよ」

「早っ。アイツもどのタイミングで」

「え?これって…」

SNSの内容に二人は固まります。

 

カズはまた別の女性と待ち合わせしています。

ふと、優子のことを思い出すカズ。

合コンで出会ったこと。

二人で暮らしていたこと。

(あのときから、もう決めてたし。帰ればメシはあるし、金持ってるし。そのわりに案外気づかなくて)

カズとすれ違った女性二人組がうわさします。

「今の人カッコ良かったね」

(すげーお手軽だったけど、いまのオレはあの頃とちがうから。いまはもっと―)

カズの顔がニヤけています。

(―いまはもっと『上』にいるから)

と、スマホにSNSの通知が来ます。

”私は柊透一にだまされました”

柊透一とはカズの芸名です。

「は…?」

”柊透一、裏切り者のクズ”

「なんなんだよコレ…オレのアカウントから?なんで…っ乗っ取られた?誰だよクソっ!!」

『私が支えてあげたのに』の感想。結末は?

『私が支えてあげたのに』の結末は次のようにはじまります。

”クレジットカードを勝手に使われて身に覚えのない請求がたくさんありました”

カズのアカウントからの投稿は続きます。

新しい投稿。

(動画…?)

そこには女といちゃつくカズの姿が。

SNSのコメント欄が荒れてきます。

こんなの新しい事務所がもみ消してくれると、カズはなんとか落ち着こうとしますが、そこにLINEの通知が。

待ち合わせをしていた女性からです。

”着いたよ”

カズがふり向くとそこにいたのは優子で……。

 

 

この先はぜひご自身の目で確かめてもらいたいです!

文字だと臨場感が伝わりませんし、「えっそうなるの?」っていう衝撃の結末ですので!

 

ちなみにこの作品こちらから読めます>>
※リンク先でタイトルを検索してみてください。